みなさまこんにちは!!



いきなりですが、夏、終わっちゃいますね( ;∀;)




今後の予定と天候を照らし合わせた結果、少し早いかもですが、夏の釣行納竿宣言とさせていただきます( ノД`)シクシク…








自身、今年の夏ヒラメ&マゴチは、数、サイズとも振るわず(>_<)


3YgCItcIjE6FtjL1467208446_1467208521.jpg


M7VzfEJqUv41z7Q1464093019_1464093577.jpg





特に、サーフでの釣果は壊滅的と言っていいくらい結果が出せませんでしたw


Ofe0IJatrPuWYEE1464696266_1464696290.jpg





一方、サーフシーバスは、例年より数は↑、サイズは↓となりました。


oQ20gqwhGRkbaIH1467284902_1467284980.jpg


シーバスもまだまだ狙え、ヒラメが熱くて厚くなる秋のサーフ。

今年はどうなることなんでしょ??







一方、今夏イチの収穫といえば、なんといっても鱚。


epo19py703kUe3q1469364882_1469364892.jpg


釣り味、食味ともに一度味わったら病みつき間違いナシ。


これを機に来年以降、夏の釣りが変わるかも・・・ってくらい(笑)


こうしてふり返ってみると、なりに楽しめたかな、と。





先週は台風明けの青空に、回復が期待された県内。


5BFy7ySiduVcoXK1471739255_1471739305.jpg


しかし、もう一度夏の釣りを・・の思いは天に届かずw




シケが収まるどころか、のち、トリプル台風なんてもんが発生((((;゚Д゚))))




ま、自然には勝てませんからね(苦笑)







そんな中、約一年の眠りからお目覚めしたのはコチラ様。


j793sfovAuVaE611471739422_1471739436.jpg


昨年は、最後まで残念な結果となったアオリイカ釣行。


今年は釣果に恵まれることを期待しつつ、諸々と準備中です(^^♪


あ、先ずは天候と海況に恵まれたいね。何よりも(笑)








夏の名残惜しさ、秋への期待が交錯するそんなこの時期。





トリプル台風が過ぎれば、朝晩はずいぶんと涼しくなるんじゃないかな?


とはいえ、日中はまだまだ残暑が厳しそうです。


来るべくシーズンに向け、体調管理はしっかりとやっていきましょう!


ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!






どうなんだ?今年のアオリイカ。
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿




スポンサーサイト
みなさまこんにちは!



前回は、俺流サーフでの釣魚キープ方法。



今回は、自分的にNGな、サーフでのキープ方法。



んじゃ、早速いってみましょうか。




とその前にw






おそらく、キープするのに使ってる人一番多いんじゃないかな?










ストリンガー


b7v0inNyPblw_e41417960900_1417960909.jpg


大きさを問わず魚を活かせ、携行性にも優れることから愛用者が多いストリンガー。




サーフでも、使用している人を多々見かけます。




一流アングラーさんや、メディアの写真でもよく見かけ、推奨してますね。



釣った魚は腰にぶら下げたストリンガーに即かけて、次のキャストをいち早く行う。




私も、サーフの釣りを始めたころはその利便性ゆえに愛用していました。



しかし
、すぐに使うのを止めました。



そのワケは、









魚がどんどん衰弱していく。



②使っている人の中で、どうかと思うマナーの人を見かける

要約するとこの2点。













①について。


これがやっぱり一番。


特に波が立ちやすい太平洋側では、もはや魚が生きているというより、辛うじて呼吸できているだけのような気がします。


aMQwFy6SWF61laZ1450608461_1450608489.jpg


高水温期、ただでさえも水深の無い波打ち際で、動きの自由を奪われたストレスの中、ザブザブ言ってる波打ち際の急流と砂に巻かれ揉まれて、元気でいられる魚なんているわけないと思うんですよね。


そんな状況の中、引きずってランガンなんてしたら、それはもう魚が・・・ねw


案の定、〆る頃には虫の息orz・・・


帰って捌いてみれば、身の透明感が無く、白く濁ってグニャリとした身。


これでは活締めなどと言えないんですよね、私は。









ちょっと話は逸れますが、不味い、臭い等、なにかと嫌われがちなサゴシ。


Cql2ufEin5l6SZU1415790508_1415790661.jpg


けど、俺からいわせりゃ、それって保存方法の悪さが原因なんだよね。


しっとりして柔らかく、とても上品な脂がのったサゴシ。


反面、非常に傷みが早く、身割れしやすいデリケートな魚ゆえ、下処理がキモ。


ゆえに、活かしたままのキープなどせず、釣りあげ後は即〆、血抜き、場合によってはエラ&ワタ抜きまでの流れを迅速正確に行い、魚体を折り曲げず、速やかに冷却することが美味しく食べるための絶対条件。


サゴシに限らず、適当にキープする人に限って「臭い」だの「夏の魚は・・」なんて知ったような魚の悪口言ってる気がするんだよね・゚・(つД`)・゚・ザンネーン













話は戻して、私もストリンガーを使うときだってあります。




水深がある程度あり、流れもゆるく、足元にキツイ根などの心配がない場所では、納竿まで活かしておくために、また足場の高い堤防等では、活かすという理由もですが、主に〆た後の血抜きと水洗いをする際、フックにかけてザブザブするのに使っています。



常に泳ぎ回っていないと酸欠やストレスによって弱ってしまう青物に関しては、さきに述べた血抜きと水洗い以外、どんなシーンでも活かすためには使いません。




まとめますと、

「非常に便利な道具だけど、サーフにおいてはイイ状態で魚を活かすことには使えない」

というのが、個人的な見解でございます( ̄д ̄)ハイ









②について

サーフでストリンガーを使ってキープすれば、十中八九、魚は衰弱します。


その衰弱しきった魚が、5本も6本も繋がれたストリンガーを持って写真撮影。



撮影が終わったらフックを外し、そのまま海へ。



あるいは、先にキープしておいた魚よりデカいのが釣れたんで、先の物と入れ替え。


当然、先にキープされた方は傷もついてりゃ衰弱もしてるわけですよ。





・・・・・・・。









これ、リリースって言えるか?










「投棄」ですよ、こんなの(怒)




もちろん、そんなことをしている輩は極々少数(と信じたい)なんですけどw




最終的にどうするにしても、釣った魚を丁寧に扱うって、大事なマナーじゃない?






言いたくないけど、人気の上昇は質の低下につながるのが世の常、って言葉がまんざら嘘でもない気がしますね。近年のサーフにおける様々な事情を見たり聞いたりしてると。





おっと、ついつい・・・・(;´∀`)






あごの下に穴をあけられ、あるいは使い方を知らずエラに通して完全に弱って死を待つばかりの魚を、自分が満足したら何食わぬ顔で放り投げ、腹を上にした魚が波打ち際で揉まれている場面を見た時、あなたならどう思います?







「は?海に投げれば死んだってカニや微生物の肥やしくらいにはなるんだし、オメーに食われるより本望なんじゃね?」




「死ぬって決まってねーだろ」






とか言われれば、そりゃそうかもなんですがね・・・。







とにかく、こういった方々を私は一切釣り人とは認めません。







まとめます。






「リリースもキープも上手に丁寧にできる釣り人でありたい」




これが、言いたかったんですね( ̄д ̄)ハイ



あ、






その前に、








釣ることが上手じゃなきゃ、どっちもできないよね(笑)





そこはもっと勉強して、もっともっと頑張ります(爆)






ではみなさま、次回もよろしくお願いしますヽ(^o^)丿








夏よ、逃げないで・・・!!
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
みちのくの夏↑↑↑↑知りたきゃココ
ワン・クリックで地域密着情報満載!
応援よろしくお願いします(^^♪



みなさまこんにちは!!




いやー、暑いですねー(-_-;)




ところでみなさま、私と同じく魚はキープして晩酌のお共に、って方々。

zS0uQfYI7mSdpLh1444820028_1444820176.png


サーフで魚をキープする際、どうしてますか??


特にこの季節、なかなか難しいですよね。魚釣るのも(笑)





コメントをいただいた「ぴぐもん」さんをはじめ、これ、けっこう聞かれます。




単純に、魚を良い状態で保存することにおいて不可欠な3大要素は


・〆る

・血抜きする

・保冷する


これを1つでも欠いちゃうと、残念な結果になってしまいます。


今回は、特にこの季節最重要視されるっても過言じゃない
「保冷」
について






んじゃ、結論から言っちゃいます。













これです。
トロ箱wwΣ(゚Д゚)カッコワル

E2gbxg2QEobQdDd1470224628_1470224649.jpg


魚屋さん御用達、発泡スチロール製の魚箱です。


私はキープと決めたら即〆て、血抜きと水洗いを済ませたらここに入れます。


春夏秋冬、サーフではコイツを使ってます。


では、コイツを使う理由を簡単に述べますと・・・







①実質無料
(魚屋さん、スーパー等でけっこうもらえます。)



②軽い


③ボロになったら廃棄してすぐ交換できる


④保冷力と耐久性がなにげに強い

いじゃう。










☆ ①~③について


実質無料とありますが、買い物ついでにいただきます(笑)



内寸で横50㌢強程度、縦、深さ15~20センチ程度くらいがイイです。



この大きさなら、尾と頭を曲げれば、70くらいの魚まで入ります
(これに入らない魚が釣れたら、さっさとスキップで帰りましょう(笑))



私は魚の胴体ごと曲げたりするのが好きじゃないんで、キープする魚の大きさ、万一の事故(笑)に備えての大きさを考えると、こんくらいが一番肌に合ってます。





この大きさで専用のクーラーBOXだと、けっこうな重さ。




保冷材を入れたら、ランガンどころか、持ち込むことすらキツイ重さに・・・ι(´Д`υ)





そしてなにより、そのお値段、二万三万当たり前w






そんな高級品、いまや人だらけの広い砂浜に放置したら、置き引きが心配で釣りどころじゃないw 



万一持って行かれても、これなら大して痛くもない。




釣った魚が入ってたら、悔しいけどね。




あ、ビーチクリーンの人が来たら、ゴミと間違えられるかな?( ;∀;)









④について

これがキモ。

魚専用の発泡トロ箱って、厚手で気密性が高く頑丈=保冷力が強いものが多いんです。
(当然、高級専用クーラーBOXには劣ると思いますw)


輸送運搬に耐えうる保冷力、あるいは慌ただしい市場での荷捌きに耐えられる頑丈さを兼備した、言ってしまえば「魚のプロ」が要求し、作られた箱ですから侮れないんですよね、コレ。







発泡箱の中身はこんな感じ。


bea2qT2NdEWz8Ka1470224676_1470224717.jpg


新聞紙の間に、保冷材を入れます。


これで保冷材を長持ちさせると同時に、保冷材が直接魚に当たらないので、身が凍みることを防ぎます


参考までに、この時期、釣行前夜(23時頃)に完全に凍らせたLサイズハードタイプの保冷材(100均モノ)を3個突っ込んで車のトランクに入れ就寝、翌日4時~8時頃まで釣りをして、珍しく(笑)2本獲れてキープ。帰宅が9時。これでも保冷材は効果を発揮する程度に固まっており、魚はしっかりと保冷されています。
(ふたの開閉回数が多くなれば、それ以下になります)


保冷材の持ちが心配なら、魚を入れるまで氷点下保冷材を併用すると良いでしょう。


ただし、魚を入れたらそれは外してください。凍みます ((((;゚Д゚)))))))ヒャッコスギーー


水分補給のジュースも、コイツに入れとけば冷え冷えで美味し~(^^♪









釣れた魚を〆て、血抜き&水洗いを済ませたら、家庭ごみ大くらいの大きさの袋に突っ込んで、新聞紙を当てた保冷材のうえに置き、しっかりと蓋をします。


HPnOaCiwRMMBWjI1470224567_1470224611.jpg


さらに魚を入れたビニールの上に、簡易保冷バッグ的なスチロール製のシートや、新聞紙などを落し蓋代わりに使用すると、グンと保冷効果がアップします。




でも、これ持って歩くと両手ふさがることが悩みの種。


そして、裸で置いておくと・・・・・









こいつらの餌食になります。

HRb0qE0voOnojEz1411131583_1411132018.jpg

箱をつついて破壊、さらに賢い奴は、なんとこのふたを開けますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


しかし、あるお店が開店してからそれらの悩みが解消されましたo(^▽^)o
(とある人が使ってるの見て、「これは!」と思いましてね(笑))






IKEA
(´∀`*;)ゞ

wKuI2rkM8_yz9kq1470224744_1470224765.jpg


持ち帰り用買い物袋(大)IKEAさんに行けば、100円(だったような?)で売ってます。


たしか、この袋だけでも購入できます。


ごらんのとおり、さきに述べたサイズの発泡魚箱がスッポリ収納。


手提げ、肩掛けも可能で持ち運びもラックラク(^^♪


これまた、重い組み立て家具なんかを持ち帰ることを前提に作られてるから頑丈。


もう一年以上は使えてます。


さらに、手提げ部分を結ぶことで、厄介なカラスから魚を守ることが可能です。
(`∀´)カラスザマァァァァァ









ウェーダーとライジャケもすっぽり収納できるので、私は2枚持って使ってます。


Had03J6SlTwFbzK1470224793_1470224946.jpg


車~洗い場~干す場所まで、このまま楽に持ち運び。


ビニール製だから濡れても全く問題なしw


ウェーダーバッグだってウン千円しちゃいますから、コスパ抜群の袋です。


おかげさまでIKEAさんが開店して以来、サーフの釣行がグッと楽になりました(爆)







それでも、サーフでコレを持って歩くのは、正直かなり面倒なので、置き場所を決めてランガンし、離れた場所で釣れちゃって置いていた場所まで戻ることもあります。 
(そんなときはせいぜい半径100㍍くらいの距離なんですがね)





こんなんだから手返しも悪くなり、時合いを逃しちゃうこともあるかと思います。





見た目だって、決してイイもんじゃないと思ってます。





それでもコイツに拘る理由はただ一つ。


「自然の恩恵と命を頂戴することに精一杯の感謝を込め、良い状態で自身の命の源に変える」

そうすることが大自然への敬礼、そんな自負に尽きます。






・お金をあまりかけず


・持ち運びができて


・状態良く魚をキープ




いろいろやってみたけど、この条件を満たすコイツに落ち着きました。






おっと、ちょっと長くなっちゃったから続きは次回。



ここまで読んでくださった方、お付き合いありがとうございます。



ではみなさま、次回もよろしくおねがいします!







遊びつくせ、みちのくの夏!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
ワン・クリックで情報入手!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿
みなさまこんにちは!


某日、ちょいとだけ時間が作れ、サーフに行ってまいりましたbleuです(*^^)v


WiHUXjnp1S42qmw1469797438_1469797468.png


うーん、やっぱりキビシイ洗礼を受けましたね(苦笑)


自分の通っているエリアは、ここ一か月くらい浮いた話がございませんw



さまざまな不調の原因が噂されておりますが、一体どうなんでしょ??



真相は魚と海鳥のみぞ知る、ってとこでしょうかね (-_-;)??




サーフは天候海況等の諸条件に、大きく左右されがちなフィールド。




回遊、水温、地形、波高、風向きetc・・・



それらがツボにはまった時の、爆発力が魅力であったりするわけで。



不調が続くことも、避けられなかったりするわけですからね(;'∀')









この日の釣果は、夜明け直前に釣れたセイゴの親方サイズが一本。





もう何年使ってるんだろ?「R50 SSR120 チャートバックパール」


このルアー、大好きなんですよね(^^ゞ


そんなわけで、シーバスいるならベイトもフラット系も寄ってるかな??、



・・・って期待したんですが、日昇後はもはや定番のノーバイト。



早々に手を止めて、近くにいた餌釣り師さんと会話。



餌釣り師さん: 「フグばっかりだねー」と苦笑い。



その他は小振りのイシモチが一匹とのこと。




ま、お互い通ってりゃイイ思いできるでしょ、っと笑顔を交わし帰宅。




来週頭はちょい荒れ予報+好潮回り、ついでに盛夏の8月突入。




良い方向に、変化があることを期待しましょ♪











で、妻と楽しみにしている夏の甲子園大会。

宮城県の代表校は、伝統の縦縞、東北高校。

7xwys2YrJTDO4861469798932_1469799001.jpg

低迷期を抜け出し、見事、宮城の王者に返り咲きです!

この勢いをもって、甲子園での活躍を期待しますヽ(^o^)丿



梅雨明けも発表され、いよいよみちのくの夏本番ですね。



それでは、次回もよろしくお願いします!!







釣ってる人は釣ってるのかな??
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
ワン・クリックで↑↑↑↑地元の釣果満載!!
応援よろしくお願いします(´▽`*)




みなさまこんにちは!


先週も金曜日を含んだ2連休をいただき、


実は会社の肩叩き??


とか思っちゃったbleuですwwww

















・・・たぶん、大丈夫でしょう(-_-;)


















ってことで(笑)、この連休2日間に渡り、同じ平日休みの方々とご一緒にターゲットとフィールドを変え、夏の釣りを満喫いたしました♪


まずは初日、ちょいと足を運んで同僚のK.T氏と共にキス釣りでございます。


MMSCMotjPvasepb1469364312_1469364385.jpg




「新鮮なキスをぜひ見たい、食べたい!」 とのことだったK.T氏。



 


最初はやや苦戦したものの、コツを掴んで bleuと共に20㌢overのデカ鱚を連発!



経験したことのないアタリと引き味、そしてアフターも存分に満喫できたという氏。















epo19py703kUe3q1469364882_1469364892.jpg

宮城のキス釣り、万歳だべっちゃ!!\(^^)/










そして二日目は、最近芳しくないとの噂が囁かれるサーフへ。




結果から申しますと、「噂通り」でございました(;'∀')















この日ご一緒したのは、素晴らしい釣果と写真でおなじみの、

cassioのさまよい日記管理人、cassio氏。

この海を訪れたのは、数十年ぶりとのことです。


hJlZT5n91Cjiu8b1469182675_1469182682.jpg



幼き日々をこの仙南地区で過ごしていたという氏は、とても紳士的なアングラー。 



「あの場所は・・・・」などと、古き良き光景と思い出を語り合いながら談笑。



そんな感慨深い思いを乗せたルアーを、大海原へと投げ続ける二人。



しかし、残念ながら共に釣果には恵まれず・・・。



何はともあれ、素晴らしい出会いと釣行に感謝です!!



cassioさん、不甲斐ないガイドで申し訳なし(>_<)



これに懲りず、またこの海で共に竿を振りましょう!


















さて、こんな感じで連休を満喫したbleu。




実は人知れずひっそりと、




自己記録となるヒラメを・・!!



















あ、小さいほうの記録ですよ・・(´∀`*;)ゞテヘ

キスの群れに交じって、一緒にエサ追ってたのかな(笑)


JUwas0aDwLjyNxA1469182371_1469182435.jpg



しっかりヒラメの顔と模様、乳歯(?)な牙もありました(´▽`*)


たくさん食べて大きくなって、最後にはbleuのルアー食べてちょうだい♪
(あ、キスはあんまり食べちゃダメよ(笑))


ではみなさま、次回もよろしくお願いします(*^▽^








みちのくの夏はまだまだこれから!
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿