みなさまこんにちは!

周知のとおり、県内サーフのマゴチの釣果がスゴイことに・・・Σ(・ω・ノ)ノ!


HqlibUqKLrsarxM1496042290_1496042348.jpg



早速bleuもあやかるべく行ってまいりましたが、噂通りにマゴチの絨毯ww



53DrfEJiPn7ep3y1496042366_1496042453.jpg


飽きない程度、いや、飽きちゃうくらいの釣れっぷりだわさ(笑)

その個体数が、ヒラメ<マゴチへと移りゆく県内のサーフ。

春⇒夏への移り変わり、そいつを実感してまいりました(^^♪






さて、俗に、フラットフィッシュとして一括りされているこの2魚種。


DV1xpoNNtFB7gTF1496042218_1496042233.jpg



生息域と定位している場所がほぼ同じ、加えて捕食しているベイトや、習性だってほぼほぼ同じ。

そこにどちらが潜んでいるのかは、水温によるところが一番影響していると思われます。



そんな二種類の魚を「釣り分ける」って、実際どうなんだろ?



レンジを変え、どちらを狙うか意識せよ、なーんつっても所詮は遠浅サーフ。

捕食レンジに、そうそう差があるとは思えないのが持論。


ゆえに、「釣り分け」ってのはちょーっと無理があるのかな、と。(ーー;)




まー持論結論を申し上げますと、手筈はどうであれ、どちらかを意識して、その意識した方を掛ければ、「釣り分けできた!」と言ってイーのかな?、と感じております。


そんな自身ですが、混在期に「ヒラメが欲しいなー」、って思う時は・・・・、

あ、年中そう思ってるんですがねΣ(゚Д゚)









ミノーを使う、コレに限ります(笑)

zHcoPVAo13RxLd61496042547_1496042598.jpg


今回もヒラメを導いてくれたのは、bleu軍不動のリードオフマン、FLYER140。

レンジか動きか、はたまた魚の習性か、ベイトパターンか・・。

なにはともあれ、過去の実績を見ても、理屈抜きにコレが一番手っ取り早いww








ミノーを使ってフラットフィッシュを狙う人は、ずいぶんと少なくなりました。


JqQb6jEB4d8GkbL1461140184_1461140197.jpg


条件や状況にもよりますが、特にどちらでもかまわなければ、ハッキリ言って底を取れるルアーのほうがバイト数、ヒット数は多くなると思います。


しかし自身の経験上、ミノーを引いてきた時のバイトは、ヒラメの期待値激高。
(あ、もちろんマゴチもシーバスも釣れますよ(笑))


そして何度でも提唱しますが、

「カニ」の期待値激低(これ一番大事 (´∀`σ)σ!)


飛ばない飛ばない言っても、そりゃー今どきの高比重の遠投系各種と比べるからでしてw


風もゆるく、ヒラメのプライムタイムとなりがちな朝マズメなら、高波でもない限り、普通にキャストすれば、射程圏には十分届くと思います。



「混在期でもヒラメが欲しい!」


そんな方はぜひ、少ないバイトを恐れず、風速、風向き、波高次第で、手返しよくミノーをキャストしてみましょう。

きっと、イイ結果が出てくれることかと思います。




ま、こんなこと謳っても、昨年はサーフのヒラメ釣果が年間0枚なbleuですが・・(-_-;)


お調子モンらしく、好調な時ぐらい語らせてくださいな(^^ゞ



ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!






絶好調、砂のツートップ!
↓↓↓↓

にほんブログ村
サーフの情報↑↑↑↑もりもり満載!!
ワン・クリックで差が付く釣果🐟
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿♪




スポンサーサイト
みなさまこんにちは!

さて、タイトルにございますサーフの御三家。

みなさまが、パッと思い浮かべるのはなんですか??




bleuはやっぱり、ヒラメ、シーバス、マゴチ。

だってカッコいいし、釣れて嬉しいし、美味しいんだもん(^^♪




で、その御三家を狙い撃ちできる絶好のシーズンが、高水温期前の現在。



そんなわけで、狙い撃ちしちゃいましょう!












・・・って勇んでみたものの、寝坊w

いそいそ現地に着いてみれば、べタ凪+日の出。


v_XWUmJlieTPPNc1495550276_1495550366.jpg


言い訳とはいえ、こりゃ暗い内から打ってもシーバスは厳しい状況w

投げる前から、御三家の狙い撃ちは諦めムード、つかゆっくり寝た分儲けモン(笑)


んじゃいつも通り、そんなまさかの一投目・・・・・!?






不動のリードオフマン、タイドミノーフライヤー140。


GZQkeuwacFcevOM1495550943_1495550981.jpg


一投目で、サーフのヒラメ釣れたの何年振りだろ??

大好きな黄金イワシⅡで、嬉しい一発!



気を良くし、すぐさまカラーローテして同じラインを通してみます。

ウマくいくときゃ、なんでもウマくいくもんで・・・・






ありゃ、まさかのナイスなシーバスを連荘get!

LikI0ZfbOSVyjaf1495551002_1495551194.jpg


同じくフライヤー、カラーはこれまた大好きな黒系、チゴモリブラック。


ギンギンギラギラ太目のマッチョ、コイツは棚ボタ儲けものw





そして、まさかの砂鱸の数珠連荘w

XfW6p3H7PB5rVSf1495550456_1495550621.jpg


無風べタ凪の条件なら、今なお現役、タイドミノースリム120。


ふと気が付けば、諦めてた御三家獲得の激アツリーチ。


いや、状況を考えれば、鉄板リーチと確信(笑)





底を取る釣りに変え、難なく今季初マゴチでミッションコンプリート(*^^)v


hpKIaEZRWCcYdKX1495550657_1495550718.jpg


一投目のヒラメ、日昇後のシーバスキャッチ等々、棚ボタ感は否めませんが、自分なりには素敵な釣果でございましたと、胸を張って言えますわ♪


こんな感じで、イイ季節がいよいよ本格到来。

みんなでハイ・シーズンを満喫しちゃいましょう!!







飲めや食えやのシーズンも、本格到来ね(笑)

Ahk8XXSwJs1eoUp1495551224_1495551330.jpg



サーフの御三家、どれも美味だけど、特筆はシーバス。

上品極まりない脂がのった個体は、生でヨシ、焼いて尚ヨシ!

ではみなさま、次回もよろしくお願いしますヽ(^o^)丿








あっちでこっちで、絶好調!?
知りたきゃ先ずは、ワン・クリック
↓↓↓↓

にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
応援よろしくおねがいします


みなさまこんにちは!!

前回、自分が一番驚いた開幕弾をかましてしまったbleu。

そして今回は、遅ればせながらのサーフ開幕でございます!




いつの間にか、最低気温も連日二桁。

先週末からのシケが落ち着いたタイミングで迎えた、自身の今季初サーフ。


とりあえず・・・、つーかホント釣れて良かったわ~( ;∀;)


昨年は、サーフにおけるヒラメの釣果がサイズ不問で「0」でしたからww







ヒットルアーも、これまたお久しぶりなアクシオン。


DSC_2687.jpg


強めの縦潮流、そのド真中にノロノロビーム!・・からのフォールで、久々の感触。


カラーはマズメ時の鉄板、1091キャンディー。


やっぱ素敵だわ、アクシオン&砂鮃(⋈◍>◡<◍)。✧♡




で、ノロノロパターンでもう一枚。


安定のプレスベイト・90フュージョンで、サイズアップ成功。


DSC_2698.jpg


「堀田オレンジゴールド」なる、昨年の新色に気合注入。


サイズは43&47㌢。


この他、アクシオン&かっとび棒で2バラシ(>_<) 

かっとび棒で掛けたヤツは感触が良かったんで、何かだけでも確認したかったw


ヒットパターンは、全て縦潮流のボトム付近をノロノロ攻撃。

今日はボトムにべったり、だったのかな?(笑)



色んなとこで、色んな魚が上昇気配。


釣りモノに悩む本格シーズンがいよいよ到来! ・・・したのかな?(笑)


ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!







どこで、何が釣れてるの??
知りたきゃこちらを、ワン・クリック
↓↓↓↓

にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿



 
みなさまこんにちは、おひさしbleuでございます!


前回投稿からおよそ2か月弱、その間全く音沙汰無しw

もう釣りもブログやめたんじゃね?って噂もあったとかないとか?Σ(゚Д゚)




はい!そんなことはございませんよ(笑)


XC1eu2OfiQTtMYe1460945834_1460945856.jpg


この約2か月間、初老のお迎え的な理由で足を痛めてしまったり、所用やら天候やらと釣行機会に恵まれず、気が付けば満開だった桜が散りゆく頃。

足の具合も完全復調の兆しが見え、ようやくのGOサイン。




待ちに待ったシーズン初戦。


向かった先はもちろん、序盤から景気のイイ話が飛び交う地元のサーフ・・・










・・に背を向け、砂地に根が絡む県内某所へ。



久々な深夜の道のりを軽快に走り、夜明け前に現地着。



案の定、ここはノーマークなのか、賑わう地元サーフとは裏腹に先行者0。






なかなか良い条件な感じの海、そして迎えたプライム・タイム。


IxJoZEbAEFUqgdi1437405436_1437405503.jpg


自然の躍動感がみなぎる朝マズメ、そこで事件は起きた。



底を切り、若干早めのスイミングからのフォールで・・。










「カッ、カカン!!」









石と石を当てたような、鈍さと鋭さを兼ね合わせたアタリ。



一呼吸置いて合わせを入れた瞬間、ドラグが鳴き、ロッドから伝わる重みが体のド真ん中を通って脳天に伝わる。





「デカイ、・・・か!?」




最初の感じは、言うなれば生命感のある濡れ雑巾でもひっかけたような重み。



こちらを油断させる腹づもりか、その重量感に反し、派手な抵抗を見せない相手。



それはまるで、どうにか浮かせてやろうと試みている自分をあざ笑っているかのよう。



ある種の不気味さすら感じる抵抗感に、グッと息をのむ・・・。




やがてユラリと水面に現れた魚体に驚愕、そしてここからが本当の闘い!!




「ジィィィーーーーーーー!!」



突如、狂ったようにドラグが悲鳴を上げる!


ついに相手が、その凶暴とも、狂暴ともいえる本性をムキ出す!!



ハンパない横っ走りをかましながら、強烈に突っ込む相手にロッドがブチ曲がる!

なおも激しさを増す相手の攻撃に、もはやこちらは防戦一方。




「ち、チクショー、こんなんどうすりゃいーんだよ・・」




かわすこともできず、ただただ必死にガードするのが精一杯、そんな状況。



少し浮かせては走られ潜られ、の繰り返し。



もはやこの魚に、遊ばれているというか、小バカにされているようにすら思えた。






時間の経過が、とてつもなく長く感じる。


ロッドを持つ腕が、ちぎれそう・・。







そして、相手の怒りとイラ立ちが頂点に達したのか、ココ一番の超猛烈な突っ込み!



「もう、ダメかも・・・」



いい加減自分の腕どころか、体ごと痺れてきた。




「いや、ここを踏ん張れば、勝機が見えるハズ!」 




そう自分に言い聞かせ、体を張って耐え、愛すべき道具たちの力を信じる。




ようやく相手が止まったところで、余力を振り絞って渾身のポンピング!





よし、浮いた!

幾度なく、この目に飛び込んでは消えていった大物も、どうやら疲れ切っている様相。


愛すべき道具たち、そして自分も全力を出して耐えきった。


この場に居るものすべてが、余力などあるわけがない。




残された結末は、この魚を手中にする資格が自分にあるのか、それを天に問うのみ。




何度も下ろしては上げたタモを、最後の力と渾身の祈りを込めて投下。





「は、入・・・・って、くれ・・よ」

















ハッ、ハハ、ハハハハハ・・・・。


Kzf9ZCK8.jpg




なんだ、これ?・・。 夢でも見てんのかよ?俺・・・・。



全身が震え、言葉が出ない。


神々しい魚体の前にひざまずき、息を切らして天を仰ぐ。


朝もやに煙る、淡いオレンジ色の空を飛び交う海鳥たち。


ふと振り向けば、朝日を浴びた海が、キラキラと輝き、優しい潮風が体を包んだ。


そうだ、俺はここで、コイツを釣った、釣ったんだ・・!










釣ったんだぁぁーーーーっ!👊👊👊

今まさに起きている現実を感じた瞬間、爆発的な歓喜が自身を襲う。

跪いたまま力の限りの拳を握り、立ち上がり、その拳を天に突き上げ勝利の雄叫び!


IMG_20170427_113110_convert_20170427131451.jpg


デカイ、なんてもんじゃないっしょコレ!? 本っ当にデカ過ぎダヨ((((;゚Д゚)))))))


いやね、ホントは今回の主役になるはずだった下のクロソイは39㌢ですよ?


それがまるで、吐き出したベイトに見えちゃうってんだから困ったもんだよコリャw



そんな怪物ヒラメの気になるサイズは・・







87㌢!!

IMG_20170427_113319_convert_20170427113855.jpg


自分が生きてるうちに、姿だけでも見たかった、まさにドリーム・サイズ。

しっかしまぁ、よくも居てくれて、釣れてくれたもんだ(笑)


これはヒラマサ以来の、超々メモリアルでスーパーな御魚様(*´▽`*)


自然の恵みと偉大さに恵まれた、忘れられない日がまた一つ増えました(*^^)v






こうして特大級の開幕弾で口火を切った、bleuの今シーズン。


いやー、一世一代の大仕事だったわ^^;



久々の更新、長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。



懲りずに次回そして持ち上げコメもよろしくお願いします(笑)!!









アホ面過ぎなんで、隠します(笑)

5LnLF9t7.jpg

2017年 4月吉日 
ヒラメ87㌢
推定重量6㎏超

-tackle-

ロッド:シマノ セフィアSS 79ML

リール:シマノ 11バイオマスターC3000SDH

ライン:サンラインPE egi ULT 0.8号

リーダー:フロロ3号(FGノット結束)

スナップ:カルティバ クイックスナップ#0

ジグヘッド:エコギア イワシヘッド7g #1

ワーム:ガルプ・パルス4in オレンジ

タモ:プロックス ホルダーアーム600+オーバル52×65枠





座布団釣りたきゃココでしょ(^^♪
↓↓↓↓

にほんブログ村
ワン・クリックで↑↑↑↑地域密着情報満載!
応援よろしくお願いします!

いつの間にやら暦は弥生、色めき始める3月。

BpiseYOhbhhIAo31458201968_1458202061.jpg


厳しい(今年はそうでもなかった!?)冬の終幕を感じさせる便りが届く頃、
みなさま、イカがおすごしでございましたでしょうか?


あらためまして、こんにちは。

いまだ冬眠から覚めやらぬ、bleuでございます(=_=)zzz



とはいえ、家の中でくすぶっているのもよろしくない。



んじゃ、重い腰を上げ、早春の狩りへとお出かけしますかね。











今年の狩りは、大豊作の当たり年!!


XOZstdzPrjz_oer1488806829_1488806841.jpg



6drXiWSfr3Ky9Cc1488806866_1488806890.jpg


g4oWfyVsoRuZYBq1488806914_1488806933.jpg


実はこの季節、当地では中古エギが旬真っ盛り。


なぜこの時期に旬なのかって??



それは聞けば納得の理由が諸々あるんですが、そこはご割愛くださいませ(*´▽`*)



実用性もさることながら、半分コレクターな私は、中古エギが大好き(笑)


YyT5ykb3lZi2MMl1488806675_1488806693 (1)


開封未使用、あるいは準未使用な良品がざっくざくw


3.5寸を中心に3寸を織り交ぜ、お値段は一本あたり税抜き300~400円。


すでに廃番となってしまったモデルやカラーが中心ですが、なんのなんの。


コアなファン(私も含むw)の間から再販を熱望されている、「HR‐V」、「フラッシュマックス」等、マニア垂涎のラインナップですよ、コレ。




これも時代、とはいえ、エギのコンセプトや価格も一昔前とは大きく変わりました。


プロ監修の冠をかぶせ、店頭価格は一本¥1000以上が当たり前w(正直高過ぎ!)


不確定要素だらけの小細工を、さも絶大な効果があるかのように謳い、重きを置くは、イカよりも、人が認識しやすいだけなんじゃない?って思っちゃう色や動き。


こんな現代エギよりも、今回購入したようなエギ達に、数倍の魅力を感じちゃうのよね。


お買い物でストレス解消、これ、アリです(笑)







さて、アオリイカではありませんが、地元の春らしい釣果も聞こえ始めてきました。




妄想フィッシングもこの辺にして、ぼちぼちフィールドへ足を運ばないとねw




ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!







みんなに届け、春便り!!
↓↓↓↓


にほんブログ村
旬の地元の情報は↑↑↑↑ワン・クリックで!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿