上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にやら暦は弥生、色めき始める3月。

BpiseYOhbhhIAo31458201968_1458202061.jpg


厳しい(今年はそうでもなかった!?)冬の終幕を感じさせる便りが届く頃、
みなさま、イカがおすごしでございましたでしょうか?


あらためまして、こんにちは。

いまだ冬眠から覚めやらぬ、bleuでございます(=_=)zzz



とはいえ、家の中でくすぶっているのもよろしくない。



んじゃ、重い腰を上げ、早春の狩りへとお出かけしますかね。











今年の狩りは、大豊作の当たり年!!


XOZstdzPrjz_oer1488806829_1488806841.jpg



6drXiWSfr3Ky9Cc1488806866_1488806890.jpg


g4oWfyVsoRuZYBq1488806914_1488806933.jpg


実はこの季節、当地では中古エギが旬真っ盛り。


なぜこの時期に旬なのかって??



それは聞けば納得の理由が諸々あるんですが、そこはご割愛くださいませ(*´▽`*)



実用性もさることながら、半分コレクターな私は、中古エギが大好き(笑)


YyT5ykb3lZi2MMl1488806675_1488806693 (1)


開封未使用、あるいは準未使用な良品がざっくざくw


3.5寸を中心に3寸を織り交ぜ、お値段は一本あたり税抜き300~400円。


すでに廃番となってしまったモデルやカラーが中心ですが、なんのなんの。


コアなファン(私も含むw)の間から再販を熱望されている、「HR‐V」、「フラッシュマックス」等、マニア垂涎のラインナップですよ、コレ。




これも時代、とはいえ、エギのコンセプトや価格も一昔前とは大きく変わりました。


プロ監修の冠をかぶせ、店頭価格は一本¥1000以上が当たり前w(正直高過ぎ!)


不確定要素だらけの小細工を、さも絶大な効果があるかのように謳い、重きを置くは、イカよりも、人が認識しやすいだけなんじゃない?って思っちゃう色や動き。


こんな現代エギよりも、今回購入したようなエギ達に、数倍の魅力を感じちゃうのよね。


お買い物でストレス解消、これ、アリです(笑)







さて、アオリイカではありませんが、地元の春らしい釣果も聞こえ始めてきました。




妄想フィッシングもこの辺にして、ぼちぼちフィールドへ足を運ばないとねw




ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!







みんなに届け、春便り!!
↓↓↓↓


にほんブログ村
旬の地元の情報は↑↑↑↑ワン・クリックで!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿


スポンサーサイト
みなさまこんにちは!!



短い短い、本当に短いみちのくのアオリイカシーズン。



今年も例外なく、残された時間は、あと僅か。



今年はそれなりに、数にもサイズにも恵まれた。



なにより、釣行予定日の天候、そして海況にも恵まれ、ここまで予定していたすべての日程が中止とならずに遠征できていることは極めて異例。



そんな2016年、一つだけ未達というか心残りなことが一つ。



昨年は獲れずじまいだった、庄内アオリの一つの目標、胴20up。



今回はそいつを獲ることだけを目標に、いざ庄内へ!!











いつも通り、夜明け前の暗い時間帯から実釣開始。



しかし、潮回りと共に期待した暗い時間帯がまさかのハズレ((((;゚Д゚)))))))エェェェェェェ



一番カラスがカァ~と鳴き、こりゃヤバイと、焦りが出たころに・・!







ふぅ~~(;´∀`)
・・・っと、ボウズ逃れw
コイツで獲れなきゃダメでしょ、って餌木は、もちろんアオリーQ!





時期を考慮すれば、苦笑い気味の胴16㌢。

とはいえ、この後に期待するのは当然のこと。



この日のこれまでの状況を考えれば、回遊の可能性大。



そうであれば、回遊系ならではの個体も必ず混じっているはず。






ほどなく、そんな期待通りに「ドスン!」


今度はジーーっとドラグが唸って、久々に感じる独特の引きと重み・・・!









コレコレ
キタ━(゚∀゚)━!

LTyAdCPZxXWtGBE1476796306_1476796398.jpg


庄内エギングは過去の釣りとなってしまうのか、と思ったほど貧果に泣いた昨年。

そんな憂いを完全に払拭した、2年越しの胴21㌢! 

愛用することもう幾年、ボロボロになったエメフォールのケイムラP3.5寸にて。



嬉しかった。 只々、嬉しかった!!




だが、そんな嬉しさに浸る間もなく・・・・











これまた嬉しい、久々の良型連発!!


Ww3r2O38NBSDGCI1476779937_1476779965.jpg


サイズはちょいダウンの胴20㌢、しかしこれは記憶に残る1パイ。


なんで、ちょっと語らせてね(笑)


ひとつ前のヒットパターン、狙っているサイズと時間帯の光量を考え、これしかないと投じたエギは、ラベンダーパープルの縞目表地に、蛍光イエロー&オレンジの杉目、背に走るラインと下地はグリーン、そんなマニアックなカラーを纏った、餌木猿3.5寸のシャローモデル。



実はこれ、前回の遠征の際、同行者の方からご厚意でいただいた餌木。



すると、思惑通りに即アタリが出るも乗らずw

しかし、諦めずにフォロー。

このエギならではの特性を活かし、相手がじれったくなるような中層ステイと水平フォールを織り交ぜながら手前まで持ってきて、ここぞの場面で急速降下の着底後、ロッドに聞いてビシッと合わせた後のジェット炸裂で昇天(´▽`*)



こんな感じで、イカに見られていることを思い描いて意識したことが、ドンズバでハマった時の快感もエギングならでは。


イイ、このヒットパターン、すごくイイ!!










そしてまたまた餌木猿。


dLuPvWushMnpp5C1476779777_1476779800.jpg


時合い終了を告げるようなサイズダウンは、胴14㌢(^^;

小一時間程度の短いひと時ではございましたが、目標のサイズも獲れて満足。

AM7:00納竿で仮眠のち、夕マズメに向け、日帰り温泉+ランチ+昼寝で鋭気を養います。







そして迎えた夕マズメ。


風向きなどを考え、少しでも自分にとって有利なポイントへと移動。


そんな日没直後・・・・


1,2,3とゆるい縦シャクリをかまして、







「ズドッ!!」Σ(゚д゚|||)





ジジジジーーーー、っと一味違うドラグサウンドが良型への期待度を煽る。


朝よりもウネリが強くなった海が相まって、寄せてくるときの重みもひと際。


ヘッドライトを照らし、見えた個体に歓喜!そして狂喜!!









自己ベストタイの、胴23センチ!!

N83SL6OS7aFUkQ61476780052_1476780068.jpg


手前のサラシにもまれてる中、リーダー掴んでズリ上げ(;´∀`)

うん、タモはやっぱり持って行こうね(笑)


決めてくれたのは、その自在性が絶対的信頼の源となるアオリーQ3.5寸。

乗り手次第、そんなマニュアル車を彷彿させるこの餌木が大好きです!!

カラーも極々シンプルかつ王道な、ピンクゴールド。




嬉しすぎてしばらく見とれ、体色を変えたところでもう一枚パチリ(笑)


2E0pXXLcYXHvTxE1476972699_1476972714.jpg


すぐ投げりゃイーのに、余韻に浸っちゃったりするところがbleuらしいか(#^^#)


それでも、もちろんこの後の展開に期待しますが、残念ながらその後は無反w


単発とはなりましたが、満足納得のサイズでご満悦のまま一日目が終了。





翌朝は、予報よりも強い雨に心折られ、満足に打てず。


雷注意報も出てたんですが、強い雨に冷やしたか、雷が鳴ったのは俺の腹w


雷鳴とどろく腹をさすり、トイレのある場所まで雨の中車を走らせましたとさ・・。



心も体もこれで限界。



半ば強制終了気味に、早々と家路へ就きました(^^;


それでも、今回目標としたサイズ以上は計3杯。


感無量の釣行となりました(*^^)v









無事帰宅後に、今回のNo1サイズを計量。


s8LOogDtHrW3oh21476974276_1476974316.jpg


コレであの感触なら、その倍の㌔って、どんなヒキと重さなんだろう。

そんな思いに心ときめかせ、いつかは獲りたい㌔アオリ。


もうワンチャンスあるかな?、今回で終わりかな??


それは天と海の神のみぞ知る・・・・・(*´▽`*)


ではみなさま、次回もよろしくお願いします!











夢の㌔アオリ、出てるかも・・!?
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
ワン・クリックで↑↑↑↑地元の情報満載!
応援よろしくお願いします!!

みなさまこんにちは!!


暦は、いよいよ待ちに待った10月。


地元のサーフに後ろ髪をひかれながらも、行ってまいりました庄内エギング。


では、早速その釣果から!!









はい、これ1杯ww




期待した夜明け前は、完全なまでにノーバイト。

夜明け直後に乗せることが出来た意地の1杯は、胴13センチ程度の小型。


うーーーん、コテンパンにやられちゃいましたね(-_-;)


潮汐、海況、天気、実釣時間帯。

そのすべてが完璧に揃い、楽勝ムードしか無いように見えた当日。

しかしその現実は、すべての歯車を狂わせるほど、厳しいモノでした(;´д`)



なにをやっても裏目の裏目のそのまた裏目w

負のスパイラルに、落ちて巻かれた感じが否めないまま試合終了。

無念、本当に無念、悔しさの残る10月初戦でした。


そしてこの貧果、ひとつだけ言い訳させてください。















ダツ(;゚Д゚)

vg0lBF07lGrPQLq1475671696_1475671802.jpg


庄内エリアって、この時期に目立っちゃうくらいこの魚いましたっけ??


エギングやってて、これだけ頻繁に目撃した年は初めてです。


⇒シブ気味だった前回、実は隣でミノーを投げた方が一発目にヒットしたのもコレ。

因果関係は定かでないものの、コイツをキープされた直後、bleuにイカ。


この日も明るくなってから、手前のベイトがざわつき始めたと思ったら、偏光越しに招かれざるこちらのお客様がウロウロしているところを発見。同行した方も、チェイスしていたイカが、ダツが見えた途端に消えてしまったとの証言。


経験上、この梅宮ダツ夫君、凪の外洋と荒れた日の港内や河口域が大好き。


この日の外洋は、朝から午前中いっぱいはベッタ凪ぎでした。


数年前に荒れ気味の外洋を避け、11月の港内で、思いのほかイカが釣れた時も、コヤツがエギにチェイスをかました途端にピタリと反応が無くなってしまったのだ。

謎のシャクリ切れも数回、もしかしたら幅広いレンジにダツが潜んでいた可能性も・・。


なんにせよ、テンションの下がってしまう魚であることは間違いないかな(|| ゚Д゚)トラウマー





そしてこの日は、2年ぶりのエギングという方と帯同釣行。


7MOhfZkOLOVbXtf1475676363_1475676402.jpg


帰りの温泉で祝杯の予定だったのだが、氏の調子も思わしくなく残念会・・(^^ゞ


それでも、家族にたくさんのお土産を買っているところを見てなんだか安心(笑)


釣果だけではない、遠征ならではの楽しみを共有させていただきました(*^^)o∀*∀o(^^*)









今宵は、原木舞茸&ひら茸、牛肉たっぷりの山形内陸仕立ての芋煮で乾杯。

醤油ベースの甘辛い味が、旬の素材とよく合いますね♪

三陸産の秋刀魚は、こんがり焼いおろしポン酢でさっぱりと。


ICVmzlPTHJKaJor1475586087_1475586142.jpg



さて、山形県では二極化するこの芋煮の味付け。

庄内風は宮城県同様、豚肉にみそ味とのこと。

どっち派か?ったら・・俺は・・・・内緒(笑)


紅葉狩りや芋煮会の便りも聞こえ始め、みちのくの秋真っ盛り。

イイ季節を、大いに満喫いたしましょう!!


それではみなさま、次回もよろしくお願いしますヽ(^o^)丿







良型乱舞は、まだまだこれから Σ(゚Д゚)ホントカヨw
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
みちのくエギング↑↑↑↑知りたきゃコチラ。
ワンクリックで情報満載。
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿



みなさまこんにちは!



旬の釣り、満喫してますか?ヽ(^o^)丿



私bleuは、もちろんイカモード全開です!




そんな中、お待ちかねの連休シフト+凪ぎ予報とくりゃ、イカないわけがない庄内。

初日はゆっくり出発、日没とほぼ同時刻に現地到着です。


4KwyFywnt3fJTp61475058903_1475058917.jpg


ダシ風にべタ凪と、見た目の条件は良好。 


前回の好釣果のこともあり、期待度はMAX。

しかしその後の情報では、エリアと日によって大きなムラがあるような感じ。

爆発の人もいれば、調子を出せなかった人とが両極端w

私も前者の仲間入りをしたいなぁ・・・・・











そんな期待と不安の中、実釣開始直後に幸先よくヒット!


OWrx8Q1CKmVj06R1475059155_1475059210.jpg


なかなかの良型に、日没後~の期待を馳せますが、この日は日没直後に下げ一杯。

そんなこともあってか、期待とは真逆の長いシブシブ時間が過ぎて行きます(ーー;)


モッサリとしたアタリをポツリポツリと拾い、気が付けば上げ3程度の時間。


そろそろここらで・・・・ギュワワン、と








て思ってたらキタΣ(゚Д゚)

ZAY6OUOk1Erw0lc1475059083_1475059135.jpg


ひったくり感が気持ち良かった、季節の良型(*^^)v

も、続かずw

この頃にはシブさの原因も、なんとなーく、わかってきてたんだけどね・・・。










根掛かり潮、いわゆるアテ潮ってヤツ。

コイツが少なからず影響してたと思うんだよね・・Σ(゚Д゚)

9bPnjHfhvYyBkdm1475058658_1475058707.jpg


前回と同じポイント、立ち位置にもかかわらず、根掛かり率が激高。

シャクった感じもキレキレじゃなくグダグダ、ボトムにエギを置いたら生命感のない重みが伝わって即終了ってパターンが頻発w

まぁ、根にかかる前に、イカを掛ければイーだけの話なんですがw。゚(゚´Д`゚)゚。ウマクナリタイ



予定では上げ8~9くらいまでやりたかったんだけど、シブさと根掛かり、厄介なモスキート・ノイズに集中力を吸い取られ、予定より早く撤収。 

せまい車の中、短時間でもグッスリ眠れるって、俺も年取ったのかなぁ・・・(苦笑)




翌日の起床はAM3:00


下げ時合いの潮の変化に期待しますが、相も変わらずキレのないシャクリ感( ノД`)


そんな状況の中、早々のファーストバイトを捕らえるも、あえなくバラシ(;'∀')


うまくリズムを作れません・・。






その後、時合いが訪れたのは開始から小一時間が経過し、周囲が薄明るくなった頃。


Cu1OS4avQnHFmVK1475058757_1475058864.jpg


DgHUmICb6XYm0it1475058511_1475058544.jpg


ZQmFO5g1WsVKaB31475058581_1475058629.jpg


テンポよく季節の良型を3杯キャッチしたところで再び沈黙。

引きを楽しめ、食べても美味なサイズだけに、もう少し数が欲しかったのが本音。



その後、1杯キャッチしたところで雨がぱらつき始めたAM7:00納竿。

実釣時間平均、時速1杯のペースで計8杯。

イカ好きだからこそ、耐えられる展開だったかな(笑)

サイズは胴15~19で揃えられ、なりに恵まれた感があります。



3寸と3.5寸のエギをローテさせ、バイトを感じたりヒットしたのは全て3.5寸。

カラーは背色不問で、今回も赤&金下地が強し。

この辺の違いは、イカに聞いてみないと分からない(笑)


2016みちのくエギング戦線は、早くも中盤。

こっからは、例年通り天気との戦い。

大好きなエギング、一回でも多くの釣行を願うbleuでございました!







いよいよ本番、10月突入!
台風も、寒冷前線も吹き飛ばせ!
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
旬のみちのくアオリイカ(^^♪↑↑↑↑ワン・クリックで情報満載!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿


みなさまこんにちは!

いよいよ始まりましたbleuの秋本番、2016庄内エギング!


aKCx2ceIucM0rGS1474066336_1474066353.jpg


ブログアップの時間がなかなか取れず、少し遅れてのご報告で申し訳なし(/∀\*)


うん、今年はイイですね。いまんとこですが(笑)








先ずは妻と一緒に、観光気分で乗り込んだ先々週の初戦。


_5spUE3NkLPfawc1474206210_1474206451.png


共にアオリの生態をじっくりと学んでから挑んだものの、その釣果、


1パイw ( ノД`)ヨワー


言い訳をさせてもらえるなら、予想以上の荒天+妻同行のため行ける場所は限定。


気分どころか、ほぼ終始観光旅行になってしまったのだよw


よって、この結果は参考外とさせていただきたし・・( ;∀;)






それから一週間後、自身の2連休を使った単独釣行へ。


X4Usx754oQOLIWs1474206532_1474206551.jpg


初日の朝マズメは、ダシ風&べタ凪と絶好の条件。

しかし、新生児サイズ2杯で激アツタイムが終了 Σ(゚Д゚)エェェェェェ


周囲を見聞しても状況は芳しくなく、ヤル気0の見えイカとお戯れの方々のみw


「マジかよ・・・・」


思わずフラッシュバックしてしまう、昨年の実績。



「ダメか?今年もダメか?それ以前に、俺ってダメダメか??」



募る不安も、ここは冷静に状況判断。


日中は体を休め、夕マズメ~夜、そして翌朝に備え体力温存の作戦。


日帰り温泉に浸かり、涼しい場所でお昼寝zzzzzzz



こうして、心身ともにスッキリさせて挑んだ夕マズメ。






反撃のチャンスは必ずやって来るハズ、焦ることはない。



「コイツでいってみよう。」



久しぶりにケース入りさせた、1本のエギが反撃の口火を切る!











エギ王JP(旧)3寸 オレンジレッド。

TUsTqqshec7yMPa1474024681_1474024716.jpg


コイツを使った、いや、ケースに入れたのは本当に数年ぶり。 


そんな代打の起用が決まれば、試合の流れがガラリと変わるのが定説。


ダート性を排除し、跳躍力と沈下姿勢に特化した異端児の1打に光明を見出す。


さぁさぁイケイケ、いっちゃいましょ~~ (^o^)丿サァイキマショー










そんな強気の采配が見事ハマって、アオリーQ3.5寸が大活躍!


E0HuJUQF8U9FUQj1474024947_1474025019.jpg

9vHdAr5CXIzkatw1474025251_1474025370.jpg


期待に応え、ブラザー・ソウルなアフロ系良型を連発!!





「俺だって!」と、ラトルが黙っちゃいないミッドスクイッド。


UcQIjkRU66jGPt51474066000_1474066061.jpg


カラーは表地不問。 金&赤系の下地に、すこぶる反応が良い。



イカのサイズも、反応の良いエギのサイズも、例年より一週間早い感じ。


FjYJg7P0gxERZQ71474066092_1474066135.jpg


自分の攻め方、餌木のサイズ&カラーのチョイスがビシバシと決まっていく。

これぞまさに、エギングの醍醐味ですよヽ(^o^)丿







シメの1杯は、反撃の口火を切ったエギ王JPにて。


6t6OPSPc7kA8GrY1474025154_1474025227.jpg


釣り場持ち込み専用小型クーラーが満タンで、1日目が終了。


こうなれば翌朝も期待せずにはいられずで、車中にて就寝zzzz。

興奮して寝れないかと思ったら、めっちゃグッスリ寝れた(笑)!









そして迎えた翌朝、期待通りに夜明け前の開始早々から連発!

昨夕からの強気な攻めが、ビシバシ決まっていきます。

Bt63G9czbm98RLS1474025043_1474025117.jpg

Vjkn4QChrV7OgV61474024898_1474024912.jpg

h2cuupEVFoLr_Fe1474066191_1474066233.jpg

Xf8RWJ56O3B3l5p1474024810_1474024849.jpg


朝マズメのヒットエギは、全て3~3.5寸のアオリーQ。

カラーは前日同様、金&赤下地が大当たり。

風を味方につけ、潮とレンジを意識したシャクリがドンピシャでハマり、気付けば手が墨色に(笑)


XJs7SNA2bHJzKaY1474065892_1474065963.jpg


ave胴14~16、最大で18㌢(帰宅後計測) 数もたっぷり余裕の2桁。


よって、納竿予定時間を大幅に繰り上げてのコールド勝ち!


昨年の無念を晴らすような数とサイズに、大満足の連休釣行でした(*^^)v






「やった~~~~」!!
tqtjoOhAIPje6K21474110713_1474110757.png


遠慮なくイカが食べれると、大喜びな妻。


それを見て、さらに喜ぶ俺(笑)


今後もさらなる良化を期待して、乾杯!!


ではみなさま、次回もよろしくお願いします(^_^)/~







いよいよ本番、みちのくエギング戦線
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
ワン・クリックで↑↑↑↑イカ情報満載!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。