上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさまこんにちは!


ちょっとだけ話は遡って、近年稀に見る戦国甲子園の印象が強かった2016年夏の全国高校野球選手権大会。


全国の名だたる名門校が県予選から敗退し、本大会でも本命視された学校が初戦や2回戦で姿を消すなど、最後まで予測不可能となった中、終わってみれば全試合がスコア以上に強かった作新学院の優勝で、熱き若人の夏が終幕となりました。



OUDH7EZ2fEByFhT1472393611_1472393659.jpg


そんな今年は投手が大豊作などと囁かれ、球界の未来を担ってゆくであろう若手の獲得に照準を合わせているのは各球団のスカウト陣。



時を同じくして、来るべく2016秋シーズンに向けて金の卵を発掘しているbleu。




今回は、秋に向けて探し歩いた金の卵たちをご紹介。










先ず、秋と言えばエギ。

bleuのエギといえば、毎度おなじみアオリーQ。

uPGHPejejF1OVuI1472350527_1472350551.jpg


当地の店頭では、すでに中古でしか見つけられなくなってしまいました(-_-;)


安価で手に入れられる機会が多くなった、と言えば聞こえがいいか(笑)

オールドファンには「うわ、懐っ!」ってカラーもあるでしょ?(*^^)v






その他、ダイワの旧ミッドスクイッドシリーズ、新品は高価すぎるダートマックス等々。

なんでもアリなカラーリングや、温かくなる等の小細工が先行する「人釣りエギ」に魅力を感じない私は、ちょっと前のエギを中古や処分特価の新品で購入するのが楽しみの一つ(^^ゞ


FT8a26JHwgFIo8B1472350578_1472350596.jpg


これも小細工っちゃそうなんだけど、アオQのDNAを受け継ぐパタQは唯一の新品。

パタパタフィンとやらが、なんとなーく自分のスタイルにマッチしそう。


お試しで買ってみましたが、さて、・・・・・・??






秋の2大巨頭の一角、サーフのヒラメ狙いはミッドダイバー系シンキングミノーを中心に補強。

ビーチウォーカーMDはじめ、こちらは全てアウトレット品。


V7pIAynunhoKzYD1472350621_1472350629.jpg


今さらながら気に入ってる、ダイワ鮃狂LDーS115&125はもちろん即一軍のド本命。

でも、既にメーカーさんでも生産終了の絶滅危惧種なんだよね、コレ・・・。







これはもう、戦力補強ってかコレクションね(笑)


NVenFFF8o8uMbgl1472350679_1472350689.jpg


ロストしちゃって、もう入手不可と思ったブラックバックイワシを再発掘!

大好きなブルーグリーンイワシも発掘で、中古ルアー万歳ですヽ(^o^)丿


そして、人が良く釣れるヒラメセレクションシリーズには当然ヒット(笑)


こっちは未開封のまま、来夏以降に2軍スタートが濃厚かな?






とまぁ、旬の釣りへ向けてのスカウトは万端。




願うのは、台風後の回復のみ(*´▽`*)



次回こそ、何らかの釣行記を愛すべき読者様にお伝えしたいですね。



週明けには、異例の進路で本州上陸を目論む傾奇台風10号が襲来。


予測不可能な台風への備えと、身の安全は万全に!


そして、不用な外出、海や河川の状況視察等々は絶対に行ってはいけません!!




それでは、台風通過後に元気な顔でお会いしましょう(^o^)丿




次回もよろしくお願いします!







新子ちゃん、台風に負けず強く生きるんだよ(;'∀')
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
台風直後の地元の海も↑↑↑↑ワンクリックで情報満載!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿


スポンサーサイト
みなさまこんにちは。

「春」それは出会いと別れが交錯する季節。


wK4PFxndvFcP7jO1428561467_1428561475.jpg


出会った瞬間から始まる、ともに過ごす時間。


しかしそれは、悲しくもいずれやって来るであろう宿命の時の始まり。



出会いと別れは表裏一体。



いつかは鳴り響くであろう、惜別の時を告げる鐘の音。

その時がついにやってきた。

私のフィッシングライフにおける、多くの歓びと感動。

その多くを共に分かち合った、相棒との訣別の時が・・・。









~Paz design conpreet Ⅰ~

xef7FyoFmQm3kP11459209724_1459209852.jpg


「フローティング・ベスト」(ライフ・ジャケット)
それは釣りを楽しむ際、片時も肌身から離れることなく多くの快適さをもたらし、そしてなによりも万が一の際、真っ先に我が身を守ってくれる存在、言ってしまえば一番身近であり、一番大切な存在だと、私は認識している。


このベストを購入したのは2009年の冬。

その機能性と、当時としては斬新なブルーを基調にしたデザインに一目惚れ。

同時に釣り具としては、妻から初めて贈られた、思い入れの深いものだ。

私のハンドルネームも、実はコレをもとにしたものなのである。










買ったときはもちろんオフ・シーズン。


GZKJFfO0xDSo_qC1459176239_1459176443.jpg


しかし、私はヒマがあれば訳もなく家で身に着け、道具を詰め込んだ。
そして、ほぼ同時に購入した偏光グラスをかけてみたりした。
今思えばそれは小学校入学を控えた子供が、ランドセルを背負い家を走り回る様と変わらなかったんだと思う。

そんな私を見ていた妻が、


「楽しみだね♪」「いっぱい釣れたらいーね(#^^#)」


そんなことを、言ったか言わないか定かではないが、


「男(俺)ってのは、何年経っても本質的にはガキのまんまだなー。」


そんな風にあらためて思ったことは、間違いのない記憶である。







初めてコイツを身に着け、妻と釣りに行ったときの写真。

ag8BrOcDbOoULLR1459176604_1459176646.jpg

当時のメインフィールドは、奥松島界隈。

その美しい景観の中、釣りを楽しむことがたまらなく好きだった。






そして庄内エギングにも。

agxe8fivqfTulxZ1459175319_1459175429.png


恥ずかしい話だが、ブログを始める前、一度庄内の磯で落水の経験がある。

べタ凪でギリギリ足の着く水深だったとはいえ、コイツの大切さを身をもって知った。

できればその性能など、体感しないにこしたことは無いのだが(苦笑)








もちろんサーフでも、手放せない存在。

2013_0623_115530-BLOG2863_convert_20130623211412.jpg



21VZBOMA6sHLu9f1459181270_1459181338.jpg


C3uDubZaqbRlwVY1401680535_1401681010 (1)

春夏秋冬、いつだって、どこだって、笑顔の傍らには、いつもコイツがそばにいた。



老朽化はその代償であり、時を共にした証。そう言えば聞こえが良いだろうか。


ファスナーが開閉不可能となったポケットも多数。なにより発泡材の経年劣化が懸念され、主たる目的である救命具としてのパフォーマンスを、いざという時に発揮できるのか?など、あらゆる角度から見ても、限界であろうことは昨シーズンから感じていた。

そんな姿を、これ以上人前にさらすことはコイツも不本意であろう。そして万が一のとき、その主たる役割を、もしも果たすことができなかったなら・・・・。



そんな理由から、実は昨シーズン末、新しいフローティング・ベストを購入。


しかし、その深い思い入れから、なかなかコイツを手放すことができなかったのだ。



「もう一回、一回でいいから、コイツと一緒に思い出の一本を・・!」










そんな思いが通じたのか、前回、3月としては初の良型ヒラメをキャッチ。


YgrGPhjMG8XJY3M1458229159_1458229411.png


大満足で帰宅後、道具を片付けていると、


「よかったな!これでおいらも心置きなくゆっくり休めるよ・・。」


通算約6シーズン超にわたり、私を支えてくれた相棒がそっと呟いた。


そんな気がした。


今、まさに潮時。

大切な相棒と、こんな形で別れることができた俺は幸せ者だ。





ファスナーの取っ手部分すらもぎ取れ、だましだまし修繕してきたポケット。


0_B0N1IijmnMyqo1459208473_1459208677.png

しかし、もはやポケットとしての機能すら果たせなくなっていた。

それはきっと、様々な思い出を詰め込みすぎたから・・・。


私はもう、思い残すこともなければ寂しさもない。


今思うのは、あふれんばかりの感謝。それだけだ。



たくさんの思い出を、ありがとう。



私の命を守る礎となってくれて、ありがとう。



くどいけど、


本当に、ありがとう。

夢でまた会えるその日まで、









IfiAtSNBvyodpvH1459208700_1459208832.jpg

さようなら・・・。









さぁ、新しい時、季節の始まりだ!!
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿



みなさまこんにちは!


さて、retryシリーズ第3段、今日はラインのお話しね。


このライン、いわゆる道糸、釣りにおいてはいわば生命線的存在。


これがダメなら、なにもかもがパーΣ(゚д゚|||)


なんで、メーカー、ブランド、号数をこだわってる人が多いかと。


bleuもある経験をしてから、国産ラインにこだわっておりましたが・・・・







私がナイロンラインから、初めてシフトした缶入り某輸入ライン。

店頭価格も手頃。 「大人気」、「強い」、「初心者にもオススメ」の謳い文句。





その反面、品質の当たりハズレが多いことを知ったのは購入後・・。


そしていざカルディアKIXに巻いて数回目の釣行、人生初のシーバスがヒット!!


やったぜぃーーーーーーー! バシャシャシャシャー!! キタ━(゚∀゚)━!

おぉーーー!!これがエラ洗い!?シビレルーーーーーキャ━(´ェ`)━!!!


しかもデッカーーーーーーーー!!!・・・・・く見える(50㌢くらいだったw)


キタよ~!いくよ~~!!せーーーーのーーーーーー・・・・・・!!!











「ブチッ!ドボーーン!!」ww




ランディング時、まさかのタカ切れで幻の初物に・・・・・
 

覚えたてのFGノットを涙目で組み直すと、どうもおかしい。


引っ張るとブチブチ切れるのだ。それもどこの箇所からでも、だ。


居合わせたアングラーさんに聞くと、




「あー、ソノ糸?ありますよ、そーゆーの。釣具屋さんにクレームつけたら?」




ハズレが存在するという噂は本当だったようで・・・。


さっそく持ち込むと丁寧に対応、すんなり同商品と交換、となったわけですが・・・



なんとなんと、
あろうことか、またしても同様のトラブル ε=ε=(怒゚Д゚)ノザケンナーーー!!



呆れた俺、再度釣具屋さんに持っていくと店員さんも呆れ顔w



差額分を自腹して、当時としては最高級レベルのPE、シマノAR-Cと交換。



以来、メーカー不問で輸入ラインとは絶縁のフィッシングライフを送っておりました。






ところが、ひょんなことから輸入ラインを購入するきっかけが・・・・






それは今年の1月2日、某中古店でクジ引いたら千円引きが当たったw



鉄は熱いうちに・・の言葉通り、こーゆーのはさっさと使っちまったほうが吉。








んで、0.8号のラインが欲しかったんで店内見たらコレがあった。


lfdZUTLXCMdX49H1454762323_1454762340.jpg


シマノ パワープロZ 18lb 


根擦れに強いと噂のラインでしたが、発売からガン無視してました。(|| ゚Д゚)トラウマー


コレのほかにはラパラのラピノヴァしかなかったのよねー。


もはや選択肢は輸入ラインのみ、どちらかを選ぶしかない。


まー両者ともに悪い噂よりイイ噂が先行してる感じだしー、お試し価格で買ってみたと思えばいーしー、もしかしたら思いのほか満足度が高くて乗り換えるきっかけになるかもだっしー(*''▽'')


なーんて、思い切って輸入ラインにretry、パワプロにしてみました(笑)





同じく新規購入のバイオC3000SDHに巻いて、早速入魂w


xIHjTkXwebFp2TL1452686914_1452686927.jpg


トータル5~6時間しか使ってないんですが、今んとこノントラブル。


普通に使えそうです。


でも、でもでもですよ。


輸入ラインへの不信感を、完全に払拭したわけではないのでw


いろんな意味で、今後が楽しみです(^^;


ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!







輸入ライン使ってる人、この頃多いよね??
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
そんな小ネタも↑↑↑↑情報満載!!
応援よろしくお願いします(*^^)v


みなさまこんにちは!

暖冬どこ行った?、って感じで普通に寒いっすねハイ。

7nNDJCmTriT5gpH1454109323_1454109535.jpg

垣根の椿もさすがに寒そw bleuはお家でぬくぬくブログUP♪

んじゃ早速、今日の「retry」は、とあるワームね。


これ、使ったこと、釣ったことない人のほうがマジ少ないんじゃないかな(笑)







パルスワーム&パワーシャッド


j6w4EG0JqBapuCV1454146728_1454146844.jpg


ロック&フラットフィッシュの鉄板とまで謳われるパルスワーム。

現在こそ、その地位をハウルに譲った感がありますが、全国的にもフラットフィッシュ最強ワームの呼び声高いパワーシャッド。
(ちなみに私はハウル買ったことも使ったこともないです(笑))



しかし私、この2種類のワームで釣った記憶がない、ホントーにない。


あるかもしれないけど、記憶に残る魚は一匹もいないのだw




私が海のルアー釣りを始めた頃、言われるがまま購入していたワームはスライダー、グラスミノー。 そして今日のお題になっている2種類。



おかげさまでスライダー、グラスミノーは釣れてくれました(*^^)v

しかし、今回の2種に関しては全く・・ コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!



いつしかこの2種類は私のケースから姿を消し、以後買うことも使うことも、目に留めることすら無くなってしまいましたとさw





のちに発売されたガルプパルスに限っては、漁港をメインにイイ釣が果出てくれてね。


z9ksy6xF8VUo8sq1417957959_1417958111.jpg



もはや、無くてはならないマストアイテムに。そんな感じなのだが・・・・



uoyCgmLype9V_i61430058114_1430058152.jpg


やっぱりあのニオイは、魚にとっちゃタマランのかねー(;´∀`)








そして迎えた今年の元旦、初売りでふと目に留まったのがパルス6in「アカキン」

無論、お目当てでもなんでもなく何気に上を向いたらコイツが陳列されてた。


lyMtod5ORwr65Da1454146873_1454146893.jpg


迫力満点のシルエット&ド派手なカラー、あらためて見るとイーんじゃない、コレ。


4inで釣れなかったなら、さらにサイズを上げてみようと思うアホさがbleuΣ(゚Д゚)








んで、パルスに触発されてパワシャも買ってみた。


5UjtNvDpSFAbg6v1454146981_1454147053.jpg


久々に触れてみたが、相変わらずの男らしいマテリアル(謎)


コイツも主に使ってたのは4in、ちなみに5inも使ったけど釣ったためしがないww


でも使うなら、と購入したのは5in。4inより動きとのバランスが良さ気。


使っていた当時は、5inや6inなんてデカすぎて見えたんだけどね(笑)





ジグヘッドは、こんなん買ってみました。


iWqgbilENhnBpOG1454240318_1454240339.jpg


ナロー気味なオフセットフック5/0、21g、こーゆーのが欲しかった。


個性的な首振り型のヘッドが、飛距離的には・・?ってとこですが、使って面白そう。


こいつをワニ&座布団サイズの口に、”グサリ”と突き刺してみたいもんです(^^;






さて、一度興味が無くなった2種類のワーム。




「なぜいまさら?」




な感がありますが、たぶん自分のどこかにやり残した感があるのかも。




目に留めることも無くなってしまって、たまたま目に飛び込んだ6パルを手にしたとき、あん時はあーだった、こうだった。 そんなモヤモヤが一気に回想してくると同時に、「今なら・・・」みたいなものが脳裏を過ったわけですよ。




結果を出せずに終わってしまい、いつしか気にもしなくなってしまった。




あるいは、しばらく離れていた場所に戻って。




そんなことに、あらためて挑戦したい2016年。





意固地になりすぎるとつまんないから、楽しみながら挑戦したいな、と




思います(^^♪



ではみなさま、次回もよろしくお願いします!







ワームの釣りは楽しいよ♪
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿





みなさまこんにちは!


気温の上昇、安定と共に、みなさまの釣果もうなぎ上りな今日この頃。



アツイ釣果ネタもいーんだけど、ここはあえて小ネタを(笑)



釣果が上がってくると同時に、釣行準備やらなんやらで道具のお手入れって後回しになってません?



特にサーフ釣行って何から何まで傷みまくっちゃいますよね(^^;)





そのサーフの釣りにおいての必須アイテムといえばウェーダー。


2013_0213_101311-BLOG2159_convert_20130213102050.jpg
 


私が使用してるのは、5年前に勢いだけで購入したゴアテックス生地のもの。 

値段が張る分快適に使用していたのだが、現在、ゴアとしての機能性はほぼ失われ、撥水などする訳もなく、もはや安い雨合羽のズボン状態。 内部は最悪のムレムレ感。
(よくよく調べてみればこの素材、かなりデリケートらしく、日頃のお手入れが重要とかw)


使用してから丸5年、たまの洗濯といえば洗車場での水洗いのみ。


なんとか購入時の輝きと快適さを取り戻したい・・・。


そこで、巷で評判の洗剤を購入、使用してみました。







NIK WAX (ニク・ワックス)

英国製の透湿素材ウェア専用洗剤。
シーズンオフ中に、ウェーダーをじゃぶじゃぶとお洗濯。

4yoL5h5ZpCi3PEV1431124861_1431124878.jpg


まずは「テック・ウォッシュ」で、むらなく全体を洗浄します。

揉み洗いすれば、みるみる内にプラケース内の水がチャコール色に・・w

こんなん履いてた思うと気持ち悪く・・・オェ


念入りに洗ったら、ザブザブとよーくすすぎます。 目安は水色がクリアーになるまで。
 



しっかりすすいだら、

「TX ダイレクト・ウォッシュイン」の出番。


svFRJ_4mmnNEUsm1431124923_1431124947.jpg 


白濁した水の中で揉みこんで浸し、撥水コーティングを施します。


ギュギュっと揉めば、たちまち手が強力撥水(笑)


ところが、ある程度の寿命を過ぎると、この行程を施しても効果がないこともあるとか・・w



「元通りになるのか?それとも乱雑に扱ってきたツケがまわってしまうのか?」



期待と不安におおわれながら、数日間陰干し。 いよいよ乾いたところで試験を・・。


はたしてその結果は!?






じゃじゃ~ん!!

JwUbFyYpV9kwWaq1431124339_1431124427.jpg


見事、綺麗な水玉がコロコロと転がって行き、撥水効果がよみがえりました!!

そしてシーズンを迎え、いざ使ってみると超快適♪


撥水はもちろん、内部のサラサラ感が格段によくなりました(*^^)v


ブーツ内部もべたつき感無く清潔、「これぞ」って感じで満足の仕上がりです♪ 


にしても、散々サーフに通い、磯場でも使用して5年間水漏れらしい症状も無く使えてるこのウェーダーってイイ出来ですよね。 


まぁ私はリバー系の釣りには縁が無く、藪こぎなどをしないせいもあるんですがね。



ウェーダーに関しては、消耗品として安価なモノを短いサイクルで交換する方、高価なモノに快適性と耐久性を求める方に二極化する傾向があるかと思います。


やはり高価モノを買ったら、その良い状態で長く使いたいと思うことは当然。 
その為にはこういったお手入れも大事なんだなー、と、今さらながら考えさせられたbleuでございました(^^ゞ



ちなみに俺はズボラの極みw 

なんで、もうゴアのウェーダーは買わない・・と思います(笑)



ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!





快適性は釣果にリンク!
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
最新情報も釣果にリンク!!
ポチっと一発、情報ゲット(*^^)v

応援よろしくお願いします<(_ _)>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。