へいらっしゃい!!
今日はなんつってもヒラメ!まず食ってみて!! 

なーんてお寿司屋さん気取ってるbleuです(^^ゞ



今宵はヒラメ尽くしの4種握り寿司をメインにいってみましょうか!!

写真上から、

・えんがわの軍艦巻き
・ヅケ
・昆布〆ゆずこしょう
・プレーン(爆)

の4種盛り合わせでいってみました(#^.^#) 


寿司を肴に酒を嗜む、うん、これぞ大人の嗜み、ってか(笑)





なかでも、えんがわの軍艦巻きはオススメですね~。

えんがわ食いたくてヒラメ釣り始めた、って人もいるんじゃないですか?(笑)
(いないか・・ww)



SSgWSEcBXOoV48F1432213607_1432213619.jpg 


けど、えんがわって取るのが難しい、取ってもボロボロに・・・。  
そんな悩みの方、いらっしゃるのでは?


それと、50㌢以下の個体だと、どーしてもえんがわの部分が小さくなってしまいがちw


前回の獲物は45㌢とやや小ぶりでしたが、こんな感じで寄せることで満足感のあるえんがわを堪能できました(^^)v


軍艦巻きの形ではなく、手巻き寿司みたいなスタイルで寄せちゃっても全然OK。


ぜひ一度、お試しください(^^♪




さて、ヒラメは私のベイト(笑)になったわけなんですが、気になるヒラメのベイト。


こうして料理するとリアルな情報が入ってくるのもイイですねー♪


実は前回、前々回とベイトは全く同じでした。








マイクロどころか、ナノサイズなシラス軍団がたんまりww

しかも何かに混じって、ではなく、完全に偏食しているようです・・・。

2YDJtkwzBEjp7Sv1432213284_1432213438 (1) 


どんな魚でも、小さいベイトを偏食している状態は、気難しいって聞きますよね(^^;)


こんな状況でいかに口を使わせるか、それが釣果のカギになるのかな?



さて、いよいよ週末。 


地味なシケ続きのあとの凪ぎ予報、状況は変わってくるんでしょうか?



そんな今週末、平日アングラーの私が、鉄火場の週末サーフに恐々釣行予定。



みなさま、お手柔らかにお願いします<(_ _)>


見かけましたら、ぜひ優しく声をかけてください・・・・ね(笑)



それでは、次回もよろしくおねがいします(^◇^)





ウニャニャな週末、ワン・クリックで差をつけろ!
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
応援よろしくお願いします<(_ _)>




スポンサーサイト
みなさまこんにちは!!
サーフヒラマサ80の興奮、未だ冷め止まぬbleuでございます(^^;)

fD_AZmMx5hiPR8z1401682443_1401682484.jpg 

たくさんのアクセス&うれしいコメントをいただき、ほんとうにありがとうございました!
これからも地元おかっぱりを中心に、夢を追い続けますんで応援よろしくおねがいします(^^)/

さて、こんな素晴らしい魚を、触れたり食したりする貴重な機会などそうそうございませぬw
持参した発泡箱から、尻尾をはみ出させて持ち帰りましたよ(*^^*)





こうしてまな板にのせると再びうれしさが、・・・って、のっからねーしww
ヒラマサの下の魚は良型ハゼではございませぬw立派な50弱のマゴチですよ(^^ゞ

 

風呂場で水洗いをすませて早速捌こう、ってわけですが、釣り具同様専用タックルがない・・・w



しかしそこは、またしても技術でカバー(^^)v チョーシ乗ってんなよゴラァwwww(ーー゛)

dQKTlmtSlky31YE1402266075_1402266127.jpg 

どうにかこうにかオロしまして、半身は当日いただく分と一部はおすそ分けでお嫁入り♪
残り半分、青物は血あいが変色しやすいので、すぐ食べない場合は骨をつけて保管です。
そうしておけば、こんくらいの大きさなら楽に約一週間後までは生食できますからね♪
あ、釣った直後の血抜きとクーリングは必須です。

さて3日後、残りの半身で宴の開催でございます♪





妻と仲良しな、ヒラマサ大好きの少年を交え乾杯♪

KGSBlzeJLcy14kt1402265808_1402266013.png 

聞きたくもないbleuの自慢話を聞かされて、美味しさが半減してしまったことはお許しを(爆)
まぁまぁまぁ、では本日のメニューを。



「ヒラマサのお造り」

SoVY8NnDAUL1ahy1402264804_1402264980.jpg 

青物御三家(鰤、勘八、平政)のなかではもっとも上品と称される味わいに舌づつみ。
お造りにしたのは背の部分、くどすぎない絶妙な脂のノリ具合が最高です!






「乾焼三海鮮 地物青梗菜」
(平政、真鯒、蝦のチリソース 地物のチンゲン菜添え)

6UvsBMlxcTf8V7z1402264338_1402264612.jpg 

みんな大好きなエビチリに、マゴチとヒラマサをプラス。
ピリリと辛口なチリソース、エビのみならず新鮮なプリプリ鮮魚とよく合います。
釣り人ならではの、贅沢な三重奏♪
名取特産のチンゲン菜もいい味出してますよ~(#^^#)



「ヒラマサのカルパッチョ 
フレッシュトマトの『食べる』ソースで・・」

TMMcaPIumRJNOoV1402264638_1402264744.png 

トマトを湯むきして種を取り、塩をかけて軽く脱水したらオリーブ油、バルサミコ酢でマリネ。
それを薄く切りつけたヒラマサの上にドン、とたっぷりのせてその上にサラダを・・・。
マリネしてうま味が凝縮されたトマトからにじみ出るジュースが、そのままソースに!!
初夏にピッタリ、爽やかな一皿です(^^♪




「ヒラマサの握り寿司」

YFv33dOgE42IrbX1402265097_1402265281.jpg 

腹の部分はもちろん寿司で。
説明不要、ただただ「極上」の一言に尽きます(^◇^)




「ヒラマサのカマ焼き 柚子胡椒添え」

EtTtcH8U8CO9wzC1402265046_1402265076.jpg 

振り塩は「久米島産 球美(くみ)の塩」
贅沢に身を多めに付けた大きなカマ焼きは、九州で買ってきた本場の柚子胡椒で。
そこにおろしポン酢をのせて食せば、心地よい辛みとサッパリ感♪
豪快ながらも上品で爽やかな味わいに、箸もお酒も思わず止まりません(笑)

いやはや、こうしていただくと本当に美味しい魚ですね~(^^♪
80ヒラマサ、釣り味も食味も存分に堪能できました!!









lMV7It0XlTZoSeI1402288270_1402289422.png 


って方(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

ポチッと応援よろしくです!!



みなさまこんにちは!!
久々に、中三日での更新です(笑)

bleuは仕事が定時で終わった時、必ずと言っていいほど立ち寄る魚屋があります。 

非常に質が良く、信頼のおける魚屋さんで、お値段も高めw
しかし仕事帰りの閉店近くともなると赤札値引きとなり、ぶっちゃけその辺のスーパーの正規価格以下の値段で、それ以上の魚が買えちゃったりするんです♪
こまめに通ってると、とんでもないお宝鮮魚に遭遇することも・・・・!!

今回はネー、大当たりですよ大当たり(#^^#)

一度は食べてみたかった高級魚、それは・・・・・・













「関アジ」
元祖ブランド鮮魚と言っても過言ではないこの魚、赤札特価で入手に成功!
当地では、お目にかかることすらなかなか困難な魚でございます。
え?値段??・・・・・・・・それは内緒^m^
ちなみに正規価格は一般に売られてるアジの4~5倍(ーー゛)

G5qsRzabqRP0VpQ1394456087_1394456216.png 






ではここでちょっとお勉強w(以下コピペ)

関あじ(せきあじ)は、豊予(ほうよ)海峡(速吸(はやすい)の瀬戸)で漁獲され、
大分県大分市の佐賀関で水揚げされるアジ。

sekiaji-itiyabosi_13.jpg

「豊予海峡は瀬戸内海と太平洋の境界に位置し、関崎の沖合いの高島の東にホゴ瀬と呼ばれる瀬があって、その海域は九州と四国(佐田岬)とが接近し海峡をなしているため、非常に海流が速く、一年を通して餌となるプランクトン等の餌が豊富にあることから、ホゴ瀬の周囲に本来は回遊魚であるサバ・アジが居ついているとされる。この瀬付き魚という定説は昔から付近の漁業者の間では知られていた。水温の変化が少なく、潮流が速いため、この海域で生育するアジは肥育がよく身が締まっている。また、関あじは頭が小さく尾が発達した外観と金色がかった体色、腹部に入る線が特徴で、回遊することなく豊予海峡だけに住みつく独立した群れであるとされている。この海域は、波が高く海底の起伏が複雑で漁網を使った漁に適さないため、伝統的に「一本釣り」が行われてきた。また、重さを量ることなく水面の魚を見て大きさや重さを判断する「面買い」(つらがい)で売買され、出荷に際しては「活け締め」が施される。「つらがい(面買い)」とは港に活きた状態で持ち込まれた魚に一切手を触れず、買取る魚の大きさや重さを目測で買い取る伝統的な方法。魚は人の手が触れる度に傷つきストレスが溜まる。それを防ぐ手法で、
ストレスのない魚は美味しくて新鮮 」  
 
・・・等々いろいろな条件を100%満たしたものだけが与えられる称号。
そこで釣り人なら「んじゃ釣ろうよ!」と思う訳ですが、 この海域は遊漁禁止区域とかw
しかもハンパなく激しい潮流のため、卓越した操舵技術、漁の技術が要されるそうです。











さっそく捌いて食卓へ。
この捌くときに、ウロコがビッシリ付着している状態は釣りモノであり、丁寧に扱われた魚の証。

rLRHWZekMbyqEY_1394457238_1394457439.jpg 

なかなかお目にかかれないお魚ってことで、ちょっと気を使って盛り付け。
いやー、このピッカピカの身質、とても赤札のアジとは思えません!
で、気になるお味の方は・・・・・・・









間違いなく

「ウマい!!!!!!!」

の一言に尽きます。

青魚独特の生臭みは皆無。
プリっというか、シャクっというか鮮度あふれる歯切れの良い食感。
ねっとりと舌に絡みつく極上の脂、それでいてキレのあるうま味・・・。
普通のアジとは二味も三味とも違う別格のウマさと豪語する理由がよーくわかりました。

これ、正規の値段でも納得するくらいの質ですよ!?
売れ残して宵越しさせるよりも、赤字必至でイイ状態のものを売り切りたかった店主の心意気でしょうか?

なんにせよ、こりゃイイ買い物したな(#^^#)

正直ナメてましたw
「なんだかんだいってもアジでしょ」みたいな。
でも今度また見つけることができたら、正規の値段でも買いたいと思いました。











食べることを生きるためだけでなく、楽しめる生物は「人間」だけだとか・・・。
こうして楽しむことができる俺は、どうやら人間で間違いないようです(笑)

wSnz0QGsYPiGI4z1394456265_1394456378.jpg 

「鯵とは味なヤツなり」

アジはもちろんウマイ、しかし釣りモノ「アジ」だって負けてはいないゾ!
「今年はアジング回数もっと増やせるかなー・・・今年も接岸するのかなー・・・」
なーんて妄想をしている、オフシーズンの晩酌でした♪





「関アジ、いいね!」

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
 

そんなあなた、ポチっとよろしくです!!




みなさんこんばんは(*^^)v
週末の釣りの準備は万端ですか??

この頃ムシムシカタツムリ・・・じゃなくってw
蒸し暑く、ジメ~ンとした日が続いてますね(ーー゛)

最近釣りネタばっかり、・・・っても一応釣りブログですからそれは良いことかとw
当ブログタイトル「肴」釣りのとおり、釣った魚は基本おいしくいただきます(●^o^●)

と言うわけで、きっと待ってて下さっているお料理ファンの方々、お待たせしました!!
今日は最近釣った魚のお料理の中から4品をご紹介♪

食欲減退となりがちな季節を吹き飛ばす、美味しいものばかりです(*^^)v








釣魚といえば外せないのが、やっぱり「お刺身」
これがなきゃはじまりませんね!!

 

ヌマPさんがサーフジギングで獲った貴重なアジをご厚意でいただきました(^^ゞ
ヒラメ、マゴチのお造りと豪華3点盛り!!
なんにせよ、50UPともなれば、一度に食すのは無理w
釣り人の特権は、「釣りたての新鮮味」と2~3日置いてからの「熟成感」を味わえること。
あなたはどちらがお好みですかな(#^^#) ??






大漁だったイシモチは、開いた状態にして塩を振って冷凍保存。
風味豊かでムッチリとした食感は、夏の訪れを感じさせる、季節感ある一品。

IpKdkJxrPFNsyic1372856317_1372856402.jpg 

塩焼きを美味しく食べるなら内臓を除去し、塩を振って一晩二晩置いてから。
「塩を振っておく」ってのが大事で、余分な水分、臭みを抜き、うま味を凝縮させるんです。
冷凍保存の際は、こうして開いて保存すると解凍も楽、冷凍庫のスペースも省けます。
ルアーで獲れるイシモチは味の良い良型が多く、食べたらきっと「邪魔」とか言わなくなる・・ハズw






妻はホームベーカリーでパンを焼いてくれます(#^^#)
なので、ヒラメをフライにしてホットサンドを・・・♪

O86p_zGo69rAOXN1372891396_1372891425.jpg 

これも釣り人ならではの贅沢サンド♪
だってヒラメ買ってきてフライにしよう、なんて思わないでしょ??
これ、高級ホテルのラウンジメニューに匹敵します(^^;)
しっとりジューシーで柔らかなフィッシュフライ、一度食べたら病みつきです(^^♪





最後は、ぜひみなさんに食べていただきたいオススメメニュー。





bleuお気に入りの一品、名付けて「マゴリンチー」(笑)
良型マゴチをゴロゴロと大き目に切って、唐揚げに。
bleu特製の中華甘酢ダレに絡めて、たっぷり野菜といっしょにいただきます!!

IDPaQIIW8VnQaym1372849215_1372849363.png 

「ユーリンチー」って中華料理、知ってる方多いと思うのですが、あのタレを使ってるんです♪
ネギと生姜の香る、甘酸っぱ~い醤油だれを絡めたムッチリ新鮮なマゴチのから揚げ・・。
これがまたウマイのなんの!!
写真の材料や盛り付けはちょっと凝ってますが、もやし、ニラだけでも十分!
食欲減退になりがちなこの時期でも、モリモリたべられちゃうイチオシメニューです(*^^)









感謝の気持ちを込めて殺めることで、命の尊さ、大切さを学ぶ・・。

2013_0705_220343-DSCF2890_convert_20130705230040.jpg 

きっちり研ぎ澄ました包丁で、ていねいに捌き、きちんと料理する。
それが私なりの、我々人間の「命の源」と成り変わる「命」に対しての敬礼。

これが私のフィッシングスタイルなのだ。







天気も回復傾向みたいですね!!
ではみなさん、良い週末を♪






「食いてー!!」って方、

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

そうでない方もw
よろしくです(^^ゞ





おまたせしました~!
ようやく釣果がそれなりについてきたbleuだよ(^^)v

さー、連休二日目、早朝から張り切っていってみよー!!









ちーん・・・・・・・。

2013_0605_100233-DSCF2773_convert_20130606210308.jpg 

・・・・寝坊ですw
ケータイ目覚ましはかけてたんですがね、ぶん投げたみたいで充電器から外れてましたw
とりあえず電気代の支払いに行かないと(汗)










で、予定変更して夕方からサーフじゃないPに向かうと、先行者に重鎮のお二方。

ところが激シブとのことw
あっしは男一本気のハープラ縛りでやってみましたが、案の定無反・・・。
最後に女々しく(?)ジグヘッドにチェンジ、40弱程度のマゴチ一本でボウズ逃れw

かっちゃんとヌマPさん、その後どうだったのかしら??















まーこんな感じで連休終了。
晩酌も楽しめたし、よい連休となりました(*^^)v

 

シーズン初物、まずは定番のお造り。ヒラメとマゴチの盛り合わせ♪
ヒラメは寝かせると美味、とは言いますが、釣りたてならではの食感もまたヨシ。
「夏フグ」とも称される旬のマゴチは、噛むほどにうま味がにじみ出る深い味わい。




翌日のこともあったんで、お酒はひかえめにしたんですが、押し寄せる年の波には勝てず・・。
こんなことならもっと飲んどきゃよかったww 





味のあるマゴチは焼き物でも美味。

130604_223433_convert_20130605214256.jpg 

野郎の料理らしく、カマと首下をブツ切り、骨をつけたまま塩焼き、マゴチのスペアリブ風です。
かっちゃんからお土産でもらった琉球塩が、一層うま味をひきたてます!







で、刺身にしなかったヒラメは翌日の晩御飯に。
日本が生んだ最強の魚向けソース、「焦がしバター醤油」でいただきます!

2013_0605_220659-DSCF2784_convert_20130606215640.jpg

こんがりソテーしたヒラメと香ばしいソース。
これがまたご飯に良く合うんです(#^^#)







フラットも本格化、餌釣りではサンマサイズのサヨリの釣果も聞かれ、初夏らしくなってきました。
日本海側ではそろそろキスも接岸、今年は親イカどうなんでしょ??
釣りモノに悩むイイ季節になって来ましたね~(^^♪

来週の休日も凪ぎ快晴を願うbleuでございました!