今日はブログを通して素晴らしい方々と釣行できました!!





本日同行していただいた”TEAM UMIMAN”の砂軍団
2012_0630_181350-DSCF1242_convert_20120630215904.jpg 
画面左から砂番長JUNさんを筆頭にイッシーさん、キムさん。
いずれも砂浜を歩けば誰もが三つ指立てて頭を下げる猛者。もちろん魚たちは震撼、失禁は必至だ。





幸先よく番長がジグヘッドで良型マゴチ狩りに成功。カメラ忘れてすみません・・・・・。





軽く番長にシメられて(大嘘)車にカメラを取りに行っていそいそとキャスト。
今日はミノーで勝負とおもっていたが、ドストライクの向かい風。やむなくジグH+ワームで先発。
ええ。もちろんDSではないですよ。ダウンショットではないです。



で私bleu・・
2012_0630_181800-DSCF1241_convert_20120630215955.jpg 
子ち君ゲット!元気でよろしい!!


その後私はモッチー君、子チ君のお兄チャンを追加。が・・・・



「かーっシャバいシャバい、
シャバいの~~~~!!!!!!」



DSのキムじゃい!!ヒラメよこさんかいこらーーー!!」
2012_0630_184855-DSCF1240_convert_20120630220018.jpg 
こりゃやばい、DSのキムのヒラメ狩りだ!さすがの番長も少々ひるみ気味。私も今日の本命はシーバス。
ここはうらやましい気持ちを隠しスルーしよう。




番長さんと一服タイム。が・・・・




はーっはっはっはっはっは!!ジグヘッドだぁ~~ん?ハードだぁ~~ん??
上等だよ・・!
DSが1番じゃい!!!
2012_0630_185426-DSCF1239_convert_20120630220047.jpg 
今日は軽く五枚目じゃ。文句あったらいつでもDSにせんかい!!
DSじゃDSダウンショットじゃ~~~~!!!
ダウンショットLOVEじゃ~~~~!!
はーっはっはっは!!






 
その後番長と私は人知れずハードプラグにチェンジ。だが折からの強い向かい風。私の推定飛距離15m(泣)
そうこうしている間に日没間際、イッシーさん、さりげなくヒラメ狩りに成功!





日没後、番長、今日一番の雄叫び





あぁぁぁ!「シーバス」バラした~~~~~~!!







手前でヒットも運悪くバラシ・・。仕方ないっす。サーフシーバスにバラシは付きモンすよ・・。
この向かい風全開のなかでヒットしただけでもスゴイっす!



ここでタイムアップ。
残念ながらbleuに、二年越しのサーフシーバスは出ず。









単独釣行が普通だった私。こうやっていままでPCの画面上でしかお会いできなかった方々と釣りを楽しむことができ、本当に良い時間を過ごせ感謝感謝です!手探りで始めたブログ、やってよかったです!







JUNさん、イッシーさん、DSのキムさん。またご一緒お願いします!





で、帰りのダベリング。






一名様、
2012_0630_200826-DSCF1238_convert_20120630220127.jpg 
大惨事-------(笑)


つーわけで、

またの同行、よろしくです!!



私bleuは、みなさまからの釣行お誘い、随時受付中です!!サーフ、堤防おかっぱり大大歓迎。
特に、9、10月のエギングやったことないけど興味アリの方、俺が手ほどきしてやるって方、
お誘いおまちしてます!!。ぜひ気軽にコメント下さいね!
スポンサーサイト
明日は早朝勤務で遅くても16:00までには仕事も終わるだろってことで、
震災後初のナイトサーフシーバスに行こう!!




って決めた。だってこれ逃したら再来週まで釣り無理かもなんです!






明日期待している一軍選手ベスト7はこちら
 
夜に強いR50+SSR、スリムで復刻したタイドミノーのNo1カラー、「ブラックバックイワシ」
夜実績抜群のナバロン、有頂天カラー「漆黒」。とくにこの3選手に期待します。





去年は恐すぎて行けなかった・・・・・


もちろん今年も怖いけど、去年よりマシです


潮汐は悪いけど、2年ぶりのナイトサーフシーバス、恐怖と闘いながら楽しんでまいります






何よりも




一番の敵は仕事と天気なんですけど(--〆)







ま----ったく休みがとれやせん☇☇


次の釣行はいつのことやら・・・・
で、こんな色のワーム買ってきました。
2012_0627_195707-DSCF1231_convert_20120628203533.jpg 
これ最近お気に入りのワームなんですが新色のようで。
パープルホロでUV仕様になってます。


ここで断言します。



UVはヒラメに効きます。間違いなく。単なるグロウ系ではなくUV仕様です。

ずいぶん前ですが、こんな記事を読んで「ほんとかよ??そんなの全部の魚じゃん!」
って思いましたが、ソレ系ので攻めたとき、確かに結果でてます。
当然かもですが、特に曇りやマズメ等薄暗いとき、ストラクチャー周辺で強いです。

ま、正直、他の色でも食って来たんじゃねーの??ってのは藪の中ですが・・。

こういった「信じる力」が、集中力増加につながって、釣果に直結するってのが私の考え。
もちろん「固執」とか「意固地」ではないのであしからず・・・。


はやく使いてーなー・・(--〆)







とにかく「嬉しい!!」
 
サイズ云々は関係ナシ(^^)








昨日に続き、今日も朝から冷たく湿った東風が吹きつける最悪のコンディション。
早朝、サーフに出向くも砂塵舞う西部劇状態・・・(T_T)/~~~ 
こりゃだめだ。ウェーダーすら履かずに撤退。

夕方、陽もさしてきた頃、気を取り直して「釣り堀」Pに出向くも激荒れ。着底前にゴミが絡んで底すらとれない。
もはや、「釣り」にすらならない状況。


久々の全休日。俺、何わるいことしたんだよ~!!!(泣)



やむなくフラット実績ゼロのPへ。




考えることは皆同じ。釣り堀Pを諦め、普段人がいない場所にずらり人が並んでます。
しかし、誰も竿は曲げてませんorz・・・・・






あいてる場所に入るも案の定無反・・でもゴミは少ないし底もとれる。どうにか「釣り」は成立。







「ピンチってのは、それ相応のチャンスが必ず眠ってるもんだ・・」






ONE PIECEで私が崇拝するサンジが言ってたセリフを思い出す。
唯一目をつけていた場所が空いた!しかし先行者の方はフグバイブのみ、とのこと。
時間的にもこのストラクチャー周辺がラストチャンス。ここで出なきゃ魚がいないもんだと思って諦めよう。


しかし、ストラクチャーのギリギリを狙うも横風+場所に合わないロッドで思うようにキャストできない。
いったん深呼吸。 ジグヘッドを風に乗せ弧を描くイメージでキャスト。よし、ここだ!ってポイントに着水。


周りが横一列で実践しているリフフォではなくコッチで攻める。頼む!そんな思いでスイミング・・。







マキマキストップ・・、マキマ「ガッガーン」!!!!!!!







やっぱりいた!!巻いた感じフッキングはしっかりしてる。そこそこ重い。

浮いてきた獲物を確認。本命のフラットだ!!






間違いなく「狙って」獲った一本。サイズはキーパーギリギリでもこいつは価値ある一本。
釣りにならない状況で、実績ナシの場所で、試行錯誤のうえ獲った一本。重みが違う。
現地写真興奮し過ぎて忘れちゃったけど、
2012_0625_203531-DSCF1227_convert_20120625220053.jpg 
サイズはジャスト40.ホント50アップ以上に価値ある一本に感じました。


で、その後連チャンとはいかずもすぐにページトップの30㌢程度のマゴチを追加。それはリリースし再びキャスト。
しかしその後はアタリも続かずほどなく日没。初めて釣ったかのごとく喜んで家路につきました。



胃袋がゴロゴロしてたんで割ってみると・・・・
2012_0625_204518-DSCF1228_convert_20120625220240.jpg
穴子の稚魚??っぽいのが二本と、散々リグに絡んできた「ゴミ」。


ひどい底荒れを物語ってます。ゴミって消化できるのかな??



今日は「いい釣り」できました(●^o^●)




次回休日もまたまた未定。早くサーフにいきたいよ~~~~~!!

2012.06.24 寒い寒い!!
今日は早朝から仕事のため夕方からサーフ釣行の予定が、強風のため釣り堀Pへ。




結果、







まーーーーーーーーーーーーったくの無反。






釣果もさることながら、とにかく「寒い」。冷たい海風が断続的に吹きつけて寒いの何の・・・。



明日もせっかくの休みなのに、気温上がらず+海上は強めの東風予報。


明日に備え、今日は愛妻のおみやげで一杯やってさっさと寝るか・・・zzzzzz








於茂多加
 「男山」 (塩釜 阿部勘酒造)
2012_0624_213712-DSCF1225_convert_20120624213851.jpg 
普段飲みに。燗でよし、冷やでよし。コストパフォーマンス抜群で気に入ってます♪♪



明日いー釣りできますように!!zzzzzzz・・・・・・




釣ったはいーけど食いきれない・・。けど美味しく食べたい。冷凍したくない。

無論、食べきれないくらい大小構わず海賊がごとくキープするのはモラル違反だけど、1キロサイズを一本持ち帰ってもその日のうちや翌日に食べきるのはけっこう難しいもんです。

あえなく冷凍、気がつけば忘れててミイラ化して発見。せっかく釣ったのに・・・なんて経験ありませんか??


今日は釣り人ならではの贅沢お料理を作ってみましょう。題して、


「昆布で熟成した白身魚の茶漬け」

昆布〆ってなんだか難しそうだし・・・って思ってる方、いえいえ手順さえしっかりすれば何もむずかしくありません。

:材料
2012_0620_195124-DSCF1206_convert_20120623202323.jpg 
昆布〆
○白身魚の柵(ヒラメ、アイナメ、ベッコウ、コチetc・・・)お好きなだけ
○昆布・・・・・・・・・柵を包めるくらい
○塩・・・・・・・・・・・少々
○酒・・・・・・・・・・・キッチンペーパーに浸み込むくらい。

出汁(4人前くらい)
○水・・・・・・・・・・・800ccくらい
○昆布・・・・・・・・・15~20㌢くらいの長さx1枚
○うすくち醤油・・・適量
○わさび、みつば・お好みで。

なんて適当な!!と、突っ込みたくなるでしょうが大丈夫。それが男の、釣り人の料理。


1、柵に取った白身に軽ーく塩をします。これは「味付け」ではなく「脱水」のための塩です。
  キッチンペーパーにくるみ、ラップをして30分くらい冷蔵庫に置きます。

2、キッチンペーパーに酒を浸み込ませ、昆布にこすりつけて柔らかく戻します。

3、「1」を下の写真のように「2」の昆布に、つぎはぎ状でもかまわないので、しっかり隙間なくつつみます。   
2012_0620_195420-DSCF1207_convert_20120623202402.jpg 
昆布で柵を包んだらラップでしっかりくるんで最低3日、長くて5日冷蔵庫で熟成。





取出した昆布〆。べっこう色になってネバ~ンと糸を引くくらいで茶漬け頃です。
2012_0623_184401-DSCF1214_convert_20120623202116.jpg 
尚この怪しい糸は昆布に由来する物で悪くなったものではないのでご安心を。


4、出汁とります。ここがポイントです。

●昆布は水の状態から鍋に入れる。
●60℃くらいのお湯でゆっくり約3~40分かけて煮だす。


この二点をしっかり守れば上品な出汁が取れます。
2012_0623_184914-DSCF1215_convert_20120623202031.jpg
強火にし、ほんのり湯気が立ち、鍋の周りからプツプツと泡が出て浮かんでくるくらいで弱火にして
温度キープしながら、たまに浮かんでくるアクを丁寧にとります。 



約3~40分経ったら昆布を取り出し一煮立ちさせ、塩、うすくち醤油で味を調えます。
イメージとしては、塩で味をつけ、うすくち醤油で香りをつける、ちょっとしょっぱいお吸い物くらいで仕上げましょ。  
   2012_0623_205439-DSCF1216_convert_20120623212917.jpg
裏技は薄いこぶ茶(粉末)をつくって、同じく味を入れる。スピード派はこれでもOK。





ちなみに「うすくち醤油」は味が薄いのではなく、色が薄いお醤油で塩分は、こいくち醤油より強いのでご注意を。
通常家庭で使われてる醤油は「こいくち」かと思います。うすくちがなければ、こいくちでもかまいません。








5、〆昆布をはずし刻んだ、熟成白身魚、みつば、白ゴマをご飯にのせ、アツアツの出汁を注ぎます。
2012_0623_205636-DSCF1219_convert_20120623213008.jpg 
完成!ちょっと少なめのご飯にたっぷりの具と出汁がポイントです。
ワサビをチョンと乗せてサラサラサラっと口にかき込めば至福のあじわい。さっと火が入った熟成白身魚は噛むほどに
じんわりじんわり深いあじわいがこみあげる、いやはや贅の極み。


ちなみに普通に昆布〆がたべたければ、1~3と同手順で2~3時間程度寝かせればOKです。

簡単で、なんとなくプロっぽい。冷凍せずに日持ちする。そんなお料理でした♪♪

2012.06.21 退院
おかえりなさい!!
2012_0621_195109-DSCF1208_convert_20120621200221.jpg  
SephiaCI4 C3000 HGSDH   
(リール紹介は4:50くらいから。ちなみにボートはやりません(#^.^#)・・)



今日無事退院してまいりました!元気そうでなによりです。
エギングをコンセプトにしている為、当地では比較的馴染みが薄いですね。
店頭でもあまり見かけません。



エンブレムがかっちょいー!!
 2012_0621_195305-DSCF1210_convert_20120621200309.jpg
軽い、とにかく軽いです。ハイギアを活かしたラインスラッグ回収性能はピカイチ。強風時の強い味方。


ハイギアは比較的短命だそうで、無駄な使用は避けたいのですが、あと約二ヶ月半後にせまった本番の前哨戦兼ねて
堤防フラットでオープン戦初登板といきましょうか。

やばい、・・・・もう我慢が。


堤防フラットより、









庄内のドリームジャンボ宝くじ







「親イカ」
狙っちまうか~~~(@_@;)





今が旬のコチ。「夏フグ」とも称される非常に美味なお魚。今日は余すことなくいただきましょう。

まず頭をおとして腹を裂くと・・お!!お宝発見!!!





ぷりんぷりんの「白子」
2012_0617_161956-DSCF1176_convert_20120617230207.jpg 
通常マゴチは40㌢以上の個体はほぼすべてメス。大きくなると性転換するんです。クロダイなどもそういった魚類です。
しかし経験上45㌢までなら極々稀にこいつが入ってます。このサイズの白子は激レア極上の珍味。
極新鮮なものを天ぷら、塩焼きにすると鱈菊にも負けない濃厚さととろける口当たり。
今日はカマと一緒に焼いてワサビをつけて食べましょう。





すいません・・コチカマ&白子焼、画像まちがって削除しちゃいました・・。




「へいらっしゃい!!!」
2012_0617_204409-BLOG1190_convert_20120617230808.jpg 
だんな!今日はいいコチあるよ!!



ありあわせの野菜と特製小葱オイルでいただくカルパッチョ。
2012_0617_204902-BLOG1188_convert_20120617230125.jpg 
塩胡椒、ぎゅぎゅぎゅっとレモンをしぼってシンプルに。




で、メインはこれ。
2012_0617_204220-BLOG1187_convert_20120617230234.jpg 
「コチシャブ」です。
昆布とコチのアラでとった出汁に塩のみで薄味をつけたスープで、水菜、長ネギ、あれば三つ葉などの
シャキシャキ系野菜と一緒にしゃぶしゃぶしましょ。


お刺身でイケちゃう活〆マゴチ。さっとスープをくぐらせると、プリリン、と反り返ります。
2012_0617_210827-BLOG1189_convert_20120617230308.jpg 
贅沢贅沢♪♪


ぽん酢でポン!
2012_0617_211314-DSCF1185_convert_20120617230344.jpg 
最初に野菜をくぐらせポン酢に入れて、しゃぶしゃぶったコチをその上にのせ、
もみじおろしをチョンと乗せて 口にかき込むのがbleu流の食べ方。シャキシャキプリリンモッチモチ!




シメにはこれでしょ。
2012_0617_223715-DSCF1186_convert_20120617230439.jpg 
なべに残ったスープにお醤油で味を調えて、ゆでてさっと水洗いしたラーメンをいれて
ネギのみじん切りをちらした「コチだしラーメン」
あっさり風味がシメに最適!スープを飲み干して、文字通り「骨の髄」まで堪能しました。 



捌くのがけっこう難しい魚ですが、その価値はじゅうぶんあるお魚です!!
捌き方はyoutube等で検索してみてください。ご要望あれば実技指導いたします(笑)

レシピなどご質問があれば気軽にコメントくださいね♪♪♪ 

その他リンク、釣行のお誘いなどもぜひぜひよろしくおねがいします!!






                                                                                                                                                                 
今日は昨日のマゴチをどうやって食ったかをアップしようとおもってましたが、予想よりさっさと仕事が終わっちまった。

ムラムラ・・・明日からしばらく休みないし台風来ちゃうし・・・・・
仕事で忙しかろう愛妻に、事情をメールで説明。さすが愛妻、快諾してもらいました!さー急げ!!!


妻帰宅まで時間は少ない。


サーフに行きたかったけど、強めの南風。うーーーーーん・・・・・
じゃ、修行も兼ねてタフコン覚悟、「釣り堀」ポイントに行きやすか。あそこならボウズでも言い訳つくし(爆)



ポイント到着。平日にも関わらず、あいもかわらず釣り堀状態。ぷらぷら歩いて状況確認。




「どうですかー?」

「サーッパリだねー。」




そりゃそうだ。昨日もとんでもない人出だったろうに。こんだけ投げれば魚も飽き飽きしちまうよorz・・・・
んなわけで、とりあえず教科書通りのやりかたで探るも案の定無反応。



この状況でどうすんべ、うーーーーん・・・・・。愛煙、セーラムライトを深々と吸い込み一考。まわりを今一度確認。


「コレ」でいってみんべさ。


で、ソイツに変えたら一発でバイト!ノったぜ!!・・・もバラシ・・。しゃーない。コイツはバラシ覚悟の
「誘発優先」作戦。
以後もバイトはあるものの、いっこうにノセまでいかず。でもやりかたは間違ってない・・ハズ。

自分を信じて作戦続行。ついに「確信系」バイト!!

ユルめとはいえ、いい感じにドラグ音が響く。引きの力に対してこの重さ、手前まで寄せても浮き上がらず尚も底に付こうとするこの引き。



「ヤツ」だね。



思わずほくそ笑む。





にゃはは~~~。読み通り!
2012_0618_173919-DSCF1191_convert_20120618232553.jpg
サイズは目測40~42ってとこ。やっぱコイツはカッチョイー!!


今日はこれで十分。サクッと〆て帰ろうかと思ったが、不覚にも〆ナイフを忘れてしまった!!昨日手入れしてそのままだった(汗)幸いゴミ袋はあったんで海水入れて魚屋ヨロシクの活魚輸送。







無事活かして帰宅後、妻が帰って来るまでブクブクキープ。妻、ほどなく帰宅。
2012_0618_205104-BLOG1203_convert_20120618232624.jpg 
妻:「斑点がお星さまみたいでキレイ!・・・・でも、恐い・・・・・・・(泣)」


たまには活魚でお持ち帰りもいいかな。けど俺、生きてる魚、まな板のせるの、実は好きじゃないんです・・・・。
結局サイズはジャスト40。二人分の晩飯&晩酌には十分です。


「天然活〆」ではなく「天然活ヒラメ」刺、素直に


「ヤバ美味ァーーーーーーーっ!!!」  

(●^o^●)


 
 さてさて、今日は中学時代の先輩(以下Tヤさん)と前日に続きサーフへ!!
Tヤさん、普段は淡水の怪獣たちをやっつけまくっているスーパーヒーロー。今日は海の怪獣退治だ。



今日は少しゆっくり目のAM6:00合流。いざポイントへ。

車を停めタックルセッティング。歩いてサーフへ向かう途中、突然キャスト態勢に入るTヤさん。


・・・・・!?  そうだった!彼は!!!




「あーTヤさん、それ水たまり。雷魚ナマズもいませんから(爆)」





習性とは恐ろしいものである・・。
我に返ったTヤさんを待ち受けていた今日のサーフは
2012_0617_093410-DSCF1172_convert_20120617121346.jpg
あいかわらず少々ご機嫌ナナメ。しかしほぼ無風。キャストは楽にできそう。




サーフでの怪獣退治は初という先輩にもろもろと説明する。




連敗は許されない。このままでは海岸掃除ブログになってまう(汗)
2012_0617_093353-BLOG1173_convert_20120617121255.jpg 
今日はワームの一本絞り。願いよ、届け!!!!


大海原へ、願いとともにいざキャストォォォーーーー!!!!
着底確認。ふと隣の先輩を見ると・・








ギュワワワーーーーン!!!







えぇーーっ!!俺貸したラブラックス、ブチ曲げてるじゃないすかーーーっ!!しかも竿先ゴゴンゴーーーン!!!




「まーぢですか!!??」
 
「シュワッチ!!」



一発目どころか、サーフで初めてワーム投げたんすよ!!!!
2012_0617_065936-BLOG1175_convert_20120617121230.jpg 
海の怪獣、退治どころか瞬殺です(驚)



堂々の50オーバーこんなことって・・あるんですか?!


「こー釣ればいーんだべー??」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハイ。」


最初の着底でゴゴン、だったそうで、非の打ちどころがない正真正銘の一発目です。


「あとはヒラメ欲しいなー」



・・・・『あとは』って・・・・・。



と、と、とにかくゲストの先輩がキャッチできてよかった。ホントによかった!!

束の間の安堵感に見舞われるが、肝心の私が釣らなければ。たまのボウズはネタになるが、毎回続けばこいつ筋金入りのドMだと思われてしまう。気持ちを入れ直しキャスト開始!!





小一時間くらい経過しただろうか。




「ボーズボーズボーズボーズアホーザマー」




カラスの鳴き声までもがそう聞こえる。

焦るな、落ち着け、そう自分に言い聞かせ集中x3。





リフト、フォール・・リフト、フォー・・・「ゴッツン!」


これこれ、ゲンコツ押さえ込み。この感じ!!









待ってました!!
2012_0617_081107-DSCF1168_convert_20120617121450.jpg 
50届かずも40オーバー。素直に嬉しいぃぃっっ!!





サクッと〆てキープ。晩酌が楽しみ♪





その後Tヤさん、積極的にランガンするもアタリなし。にしても、昨日のtubasa1002氏同様、初のサーフ釣行で躊躇することなく攻めまくる姿勢はスゴイです。こりゃ負けてられません。


その後bleuは作戦変更。 ヘッドのウェイトを若干落としスイミングを試みる。


マキマキストップ、マキマキストップ、マキマ・・・「ガッガーン!!」


来ました!!ひったくりにご注意!!!!




最初の首ふりこそ強かったものの寄せ波のせいで「小さいかな??」と感じたが、
2012_0617_085422-BLOG1174_convert_20120617121526.jpg
ちょっとヤセ気味も、良型サイズの50オーバー!


あとはヒラメ様を迎え討つのみ。


が、反応は芳しくない。

約20分のロスタイム(長っ!)とのことでラストスパート。


も、あと一歩届かず。トムソーヤよろしくの巨大流木が見えたところでストップフィッシング。
なんとかボウズ脱出!ガイドの役目も今日はなんとか果たしました(汗)



先輩が瞬殺した怪獣を我が家で捌き、お刺身にしてお持ち帰り。先輩、つまみ食いに笑顔!
今夜のビールは、きっとうまいっすね!!我が家分はあとから捌くとして・・・




なにして食うべーーー(嬉!)