上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.24 帰郷
みなさま、こんにちは!

タイトル通り、故郷へ行ってまいりましたbleuです(^^ゞ


まぁそんな遠い場所じゃないんですがね、現在は誰も住んでおらず、祖父母、そして叔母の墓があるだけってこともありまして、中々足が向かずの内に、はや幾年。
最近夢にも出るってことで、思い立ったが吉日の某日に行ってまいりました。

いやね、ほーんと何も無いとこなんですよ。

よく「何も無いとこ」なーんて言って、実際そんなんじゃなかったりするっしょ?

いやいや、そんなことありませんから(笑) ほんとーに山しかありません(笑)

え?どんくらいか具体例をですって?











n5I86LQ9VKLBmC41424578503_1424578566.jpg 











まんざら、ギャグとも取れない看板で雰囲気を感じていただけましたか?
看板の場所は、地元住民やトラッカーにこよなく愛され続ける道中の名物スーパー。


MuO683DbNYykWWq1424578599_1424578634.jpg 


県内1を豪語する、変わらぬ価格の激安弁当で腹ごしらえ。 お味もボリュームもgood!
腹ごしらえを済ませたら県境の峠越え。 峠道とはいえ国道なのだが、イマドキの言葉を借りれば「酷道」w 車の往来よりも野生動物の往来が多い、そんな道だ。






峠を越えると、あたかも時間が止まっていたかのような風景がそこにはある。

d9pAn0LjRW7no_A1424578651_1424578695.jpg

車を降りて深呼吸、そっと目を閉じ様々なことを回想。
北風に揺れる木々のざわめきだけが耳に響けば、「帰郷」という実感を肌で感じる。

あの頃と変わらぬ風景、空気、気配・・・・・。

めまぐるしい勢いで変化を見せる、慌ただしい日常とは無縁。
そんな場所なのだ。






私はこの地で生を受けたのだが、物ごころの付いたころには仙台に在住。
母の生まれ育った、いわば「じーちゃんばぁちゃんの家」

kMKU4Yo6shiG9HM1424599780_1424599801.jpg

子供の頃、夏休みともなれば大半をここで過ごした。 訳あって、小学校時代の一部を妹と共に親と離れて暮らし、祖父母に面倒を見てもらいながらこの地の学校へ通った時期もある。

故にこの地への、そして祖父母への思い入れは深いモノがあった。 

だが年を重ねるごとに、自分の都合やら付き合い、仕事等々を優先しがちになり、その思いは徐々に薄れ、気がつけば何の恩返しもロクにできないまま祖父母はこの地で他界。

どうか許してほしいと思う・・・。



子供の頃、フナを釣って遊んだため池、いわば「つつみ」に立って見る。
私の釣りの原点となった場所。 ここに立つのは約30年ぶりになるだろうか。
当時、あんなに大きく見えたつつみがとても小さく見えた・・。 

0cg2UGeg0ezhWT21424599672_1424599755.png 

幼き日の夏休み、祖父が釣りを教えてくれた。
切竹にテグス、餌はご飯粒、堆肥から掘り起こしたミミズ。

釣りが好きだった、というよりは、祖父母の家に行ったときの遊びといえばこれくらいしかなかった、そう言った方が正解かもしれない。 つつみにはゲンゴロウが水藻の周りを泳ぎ、時折オニヤンマが飛んでくる。 釣れるフナは子供心にとても大きく見えた。


親と離れて暮らすことが決まった小学4年の時、母は私に釣り竿を買ってくれた。
その時は「嬉しい」というより、複雑な思いだったことをうっすらと覚えている。


離別後、私は母からもらった竿で釣りに没頭した。
学校が休みの日、放課後、とにかく空いた時間はすべてと言っていいほど。


だが好きでやってるのかと聞かれれば、素直に「うん」とは言えなかった。


ミミズ掘り、針結び、釣りに関することをしている間だけは寂しさから解放された。

離れ離れになった家族、仙台の友達、馴染むことのできなかった転入先の学校・・・。

そんなことを考えなくてイイよう、なかば強引なまでに没頭した。



そしてなにより、浮きが「ピクピク」と動いた瞬間、そして「ストーン」と沈む瞬間。
その、なにもかも忘れることができる瞬間がたまらなく欲しかったのだ・・・。



面白さや楽しみというより、寂しさを必死で紛らわすためにしていたフナ釣り。


だが何時しか、釣れれば喜び、釣れなければ悔しがる、そんな自分に気がついた。
それは釣りに対する、「面白さ」という気持ちが芽生えた証。

寂しさを紛らわすためではなく、「今日も」あるいは「今日こそ」釣ってやるゾと意気込み餌を掘り、意気揚々とつつみに向う自分の姿があった。

複雑な気持ちで母からもらった釣り竿を、「もらってよかった」 そう思える自分がいたのだ。



やがて、親のもとへ帰ることが決まった時には、とても嬉しい反面、「あのつつみに行けなくなってしまう」そんな寂しい気持ちが心のどこかにあったことを記憶している。


のち、大人になってからは仕事の忙しさ、そして様々な娯楽に目が行き、釣りにはほとんど行かなくなってしまったが、三十路を過ぎた頃、あるきっかけで眠っていた釣りへの思いが目を覚まし、現在に至る。


やっぱり俺って、釣りがほんとうに好きだったんだなぁー・・・。






祖父母、そして叔母の墓前で合掌。
おや?姿を変えてお出迎えですか!?(笑)

X_A9NQk1hx1WEUV1424694654_1424694868.png 

こうして数年ぶりの帰郷、墓参りを無事済ませこの地を後に。

時間が止まったようなこの地ではあるが、私が通った学校はすでに廃校となっており、個人商店や大手下請の部品工場も無くなっていた。 平成の大合併により名ばかりの「市」となったものの、人口は減少一途で町は年々寂れていく一方。
また、この山奥の開発でできたダムは、つつみでフナを釣っていた頃の自分には漫画の世界の魚だと思っていたブラックバスのポイントになっているとか・・?

時代の流れを刻む時計は、どうやら見えないところで着々と進んでいるようだ・・・・。







今宵は、祖父がこよなく愛した地酒のワンカップ。

熱めにして、ゆっくり飲み干し、そっと目を閉じ、眠りに就こうzzz

あの日、あのときの思いを胸に・・。

hyxOfY8fBCamBAs1424599852_1424599949.jpg
 
夜が明け目を覚ませば、いつもの慌ただしい日常が始まる。

追われる日々の中、無機質に先を急ぎ、結果を求める毎日・・。

そんな暮らしにちょっと疲れたら、またあの場所に帰ってみよう。

ありし日の夢へといざなうコイツを買いに・・・。





忘れ難き、ふるさと。
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
↑↑↑
あなたの生まれた場所の情報も!?
応援よろしくお願いします!



スポンサーサイト
こりゃウマそう!!
この時期ったら、やっぱりヤリイカ♪ 



おっと、みなさまこんにちは! 
「こんなん釣りてー!」と思いながら、釣り場じゃなく魚屋に通うbleuです(爆)

さて今回は、今年の「アオリイカエギング」に関する思いね。
「は?もう!?」 なんて声が聞こえてきそうですが(笑)

当地はアオリイカ「ほぼ」不毛地帯。ステージは日本海側隣県、「ほぼ」秋限定。

そんな理由も相まって、近隣釣具店のエギングコーナーが賑わう時期も限定(>_<)
ベストシーズン直前は、ただでさえ品薄な商品が一気になくなっちゃいますw

なにより、その時期は地元の釣りに没頭中! 買い物等々の時間すらもったいない。 
故、オフシーズンにしっかり準備。 

「いつでもエギング行けます!」
って状態にしてるからこそ、地元の釣りに集中できるわけでございます。

昨年は釣行回数、釣果とも例年より寂しい結果に・・(T_T)/~~~
しかしその分、今年にかける意気込みは気合い十分!
コタツに入って、脳内シャクリを実践中でございます。





今年は思い切ってラインの号数を落としてみました(^^ゞ

SUNLINE PE-EGI ULT 0.5号

kvts31IEWzqOloa1423921525_1423921549.jpg 

近年、クオリティの向上が目覚ましい極細PEライン。
知らぬ間に強度、扱いやすさ共に一昔前とは違うようでして・・・w

ならば、0.8号でシーズンを通していた釣りを変えてみよう、と踏み切りました(^^ゞ

かといって、0.5号でシーズンを通すのかと言われれば、答えは「NO」。
前回記事の「高速リサイクラー」を駆使し、メインに攻めるポイントやシチュエーションを想定して、従来の0.8号と使い分けていきたいと思います。




そして釣果の鍵を握るエギですが、今年は大きな補強は考えておりません。

_vEK8Zhq4d67uOI1409796653_1409796671.jpg

現在所有しているモノで、不満は一切ナシ♪
ロッド、リール等々も不満は皆無。 それぞれを大事に使っていきたいと思います。
 




でも、見つけたら買っちゃいます(爆)
多くの人があまり目を向けない今時期、こんなお宝への遭遇機会もグッとUP。

GETq27U81uDdNEI1423921572_1423921583.jpg 

中古、処分特価のお値打ち品は即買いが鉄則。 お値段一律380円なり♪   

特に写真手前、個性的なカラーとボディーが特徴な
林漁具製作所「餌木猿」

なかなか馴染みのないエギですが、四国地方を中心に西日本では絶大なる支持を受け、使用者を信者化させてしまうほどの実力なんだとか!? 
(D社のエ○ラルダスフ○ールの形、S社のエギザ○ルのネーミングはコレモチーフにしたとかしないとか・・・。)

カンナが曲がる、折れるw 布地が破けるww  なにかと消耗が激しい「エギ」。
そしてローテの楽しみ♪  うん、やっぱエギは数持ってナンボだね(#^^#)





そして今年は、と言うより今年もって感じですが、やはりサイズ重視。
9月のお彼岸以降を重点的に攻めたいと思います。

0RCmQOmkxAieDdx1412855452_1412855526.jpg

昨年10月の遠征可能日程は1回のみ、文字どおりのワンチャンス。
そんななか、庄内エリアの良型とされる胴22センチのキャッチに成功。

九州平戸島遠征にてご当地イカをキャッチできたことは、大きな糧となりました。

YEjcA0EaDAnYHJQ1399733989_1399734067.jpg 

「少ないチャンスを確実にモノにする」

遠征野郎ならではの思いを内に秘め、約半年先のシーズンを見据えてまいります。





んじゃ、能書きはこの辺にして、旬のヤリイカ食いますかね(*^^*)
うん、この甘み♪ やっぱりイカサイコー!!

nzXgDh0odMBUgzA1424094570_1424094602.jpg 

イカの刺身は、切りつけ方一つで味も食感も変わるのが醍醐味。
頭の先から足の先まで、多種多様な調理方法と食味を満喫できるのもgood!
いやー、酒も箸もノンストップでススム君♪

ふ~、ほどよく酔いも回ってきたところで今回はおしまい。
お付き合い、ありがとうございました<(_ _)>

ではみなさま、またお会いしましょう!




あれ?日本海側の良型ヤリって・・
まさに今が旬じゃなかった!?
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着最新情報満載↑↑↑↑早速ワンクリック!
応援よろしくおねがいします<(_ _)>




「イテテテ・・・!」


あ、こんにちはw 
前回釣行後日から、腰痛が激しいbleuです(^^;)

2年前のぎっくり腰以来、突発的に襲われることがあるんですが・・・。

つくづく思ったね。

「年はとりたくない」w

さて今日は、「来シーズンへの思い ~2015~」 第二弾ね。










いまや、その種類から号数まで、膨大な数となったライン。
値段の幅もピンキリ、「○○専用」なるものから、「万能」なんて謳ってたりw
(なんだか違いがよくわからなかったりしてw)

wFZfJ8Y2uZl9Dbq1423399301_1423399452.jpg 

購入する際、けっこう熟考して悩んだりしがちですよね(笑)
今年はそんな「ライン」に、少しだけこだわってみよう、かな?なんて(^^ゞ
「第一精工 高速リサイクラー2.0」
を、購入したわけですよ。

無くても何とかなるモノ、傍から見れば理解しがたいモノほど、「その」世界にどっぷり浸かった輩にゃ垂涎モノだったりw このリサイクラーもそんな感じかな(笑)


今年は、ルアーやシチュエーションに合わせたラインを使用したいな、と。


ちなみに今までは、各々のリールに一回巻いたら使えなくなるまで同じラインでしたw
替えスプールがあれば尚良いのですが・・・・、予算が・・・・(>_<)

号数を変えるだけじゃなく、スプールからボビンに巻き直して真水へドボンw
こうすれば、ラインの塩抜きも楽チンにできますね♪

「持っててよかった」 そう思う時が必ずある、そんな広告もありました。

戦いの表舞台へ出ることはなくとも、欠かすことのできない支柱的存在。

そんな活躍に期待します!











しばらく怠けてた身体に、厳寒期の釣行は応えたか・・w
考えてみりゃ、冷やしたりするのは腰痛の天敵。

なにごとも身体が資本、しばらくは屋内自主トレで体力造り♪

img_1.jpg 

ブリー隊長、よろしくおねがいします!

ではみなさま、次回は腰痛完治でお会いしましょう(^^)v





「モンゲェ~!」な真冬の東北、オラも気になるズラァ~。
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
「ポチッ」とワンクリック↑↑↑↑情報満載!
応援よろしくおねがいします<(_ _)>




みなさまこんにちは! お元気でした?(*^^*)
約一カ月ぶりのupは・・・

まさかの釣行ネタww




某日。 弱風、良潮な休日w
シーズン前のブルペン投球的感覚で某海へ。

ILVzhRfTZuGZ75D1423142801_1423142847.jpg 

案の定、肩慣らし程度に終わったことは言うまでもない・・・・。
むしろ、それが目的と言ってしまえば聞こえがイイか(笑)

当然、期待の新人、あるいは既存戦力の調子も、早い段階からの見極めが必要。






昨年末、まさかの特価で購入したウェーディングヒートジャケット。(新品)
厳冬期の今だからこそ、その真価を見極める絶好のシーズン。

bww1IP19vKyjbhL1423143005_1423143026.jpg 

現段階では鉄板◎の合格点。 シーズン序盤、終盤の活躍は確約といったところか。 

型落ちとはいえ、その機能性は現役で通用。(むしろ現行よりデザインは気に入ってたりw)
トライアウトの逸材、探せばあるもんですなw




気付けばラインも限界。 正直来シーズン序盤はイケると思っていたのだが・・。
シーズン前に気付いてヨカッタ(^^ゞ

03ec839COIKibF51423142928_1423142971.jpg 

新人ルアーのキャストフィール等々も確認。 生えぬき交えて一軍候補をリストアップ。

なんだかんだで収穫はあったかな(笑)

家でゴロゴロになりがちな、真冬の休日。
運動がてら、こんな釣行も悪くは無い・・・・か?(笑)







家に帰ればあったかご飯♪
お出かけ前の朝に仕込むのがキモ(^^)v

EkqWtlZjlvOHT021423143054_1423143127.jpg


いただき物の釣りカレイ。
メインの煮つけは上品に仕上げて・・。
他、昆布締め、寒風干し焼き。 

船カレイ、ちょっと(かなり)気になってますw

では、次回もよろしくです!




厳寒期の激アツ情報満載!
↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

完全地域密着↑↑↑↑情報はこちらから♪
応援よろしくおねがいします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。