みなさまこんにちは!

うーーん、外洋は地味なシケが続いてますねー(ーー゛)
台風云々の影響もあり今後はさらにシケて、回復には時間がかかりそう・・・。

※写真はイメージですw
c2rnW1In5DLggIb1409101126_1409101245.png


まー、一頃前までは多少荒れててもサーフに強行したりしたもんですがね。


「別に無理せんでも・・・」 そんな年になっちゃったわけですよ(笑)


んでも、休日には釣りしてウマイ魚食いたい、その気持ちは変わらなし・・・。

頼みの港湾内も、濁りやら底荒れでお魚さん達の反応はイマイチかw


そんなわけで、以下の条件に合致する釣りモノを模索。







・シケの影響を受け難い、足場の良い場所で安全、気軽にできる。


・手持ちの道具を、ほぼ流用できる。


・濁り、底荒れ等々の悪条件の影響を受け難い。


・なにより「食してウマい」旬の魚 
(これ一番!)


こんな都合のイイ釣りモノ、ねぇ・・・・(^^;)



・・・・・・・・・・・・。









・・・・・・!






あ~!!!















な~ご~~!!!!

そうそう!いつも釣れてるとこ見て、「ウマそーだなー」って思ってたじゃん!!

CtaAMLoLTNJ4bk81437008044_1437008827.png


夏の夜のユルユルフィッシングの代表格、「アナゴ」。

外洋のシケ、港湾内の濁りも気にしない絶好のターゲットじゃないですか(^^)v

餌、仕掛けも格安品でOK! ロッド&リールは出番の少なくなったモノを流用。

で、いざやってみたら、「ニュニュイーン」って引きも、ワクワクしながら竿先を眺めるのも楽しいじゃないのコレ!







なにより食ってウマいのさ~(#^^#) アナゴ料理専門店もあるくらいですから♪


We6mPTls82gyPDk1437007472_1437007924.png 

目打ちをコンコン、専用包丁もありますが出刃で十分オロせます。 

このアナゴさん、加熱調理メインゆえ、鮮度があまり関係ないように思われがちw


しかしそれは大きな間違い。


劣化が早く、イヤな臭いも出やすい、実はとても鮮度に左右されがちな魚。

「これほどまで差が出るの?」ってくらい、鮮度の良いモノは上質な味わい。

ゆえに、高級寿司店や天ぷら専門店では活魚、もしくは活〆されたモノしか使いません。


そんな活アナゴを、夕涼みがてら気軽に入手できるのは、まさに釣り人冥利(^^)v


んじゃ、さっそく食しましょう♪








「活アナゴ、夏イカ、夏野菜の天ぷら 冷やしうどん」

exO_bOizZK_7Twe1437051305_1437051412.jpg

サックリふわふわ、ジューシーで臭みゼロの活アナゴ。

餌で用意した柔らかい夏イカは、あらかじめ自分の分もキープ(笑)

天ぷらをほおばって、冷たいうどんをツルっとしたらビールをゴクリ。

くぅ~~っ、「夏」って感じがたまんない(#^^#)

釣ってヨシ、食してヨシ!
今が旬のアナゴ釣り、最ッ高です!! 

また行ってみよー(^^♪



悪条件を、逆手にとって楽しむ釣りは存在します!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
そのためにも↑↑↑↑情報は必須!
ポチッとワンクリック。
応援よろしくお願いします<(_ _)>


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bleu1224.blog.fc2.com/tb.php/398-71435a34