みなさまこんにちは!

秋たけなわな今日この頃。

釣りモノ多数でお悩みの方もいらっしゃいますかと?(笑)

bleuはようやっとタイミングが合って今季初にして最後の10月のエギングへ。

シブい、小さい、イイことナシw そんな話ばかりの2015庄内秋アオリ。

んじゃ、早速その結果からお伝えしますヽ(^o^)丿

















でございました( ノД`)シクシク…












強くうねる、この時期らしい日本海。

暗いうちは危険と判断、夜明けまでの小一時間を漁港で探るも反応ナシ。

想定内とはいえ、墨跡の無さが今年の不調を素直に物語ってました。



明るくなってから入った磯は、辛うじてエギングが成立する感じ。

唯一の救いは極ゆるい追い風。

キャストは決まる、シャクリの感じも決して悪くない。

手前で砕ける荒波を避け、沖目の払う潮にエギをのせてネチネチ攻めるも反応ナシ。

底や中層で「クン」とイカに似た重みを感じるも、すべて潮流に乗っかった藻。

そんな状況にも心折れることなく、自分の持っている知識とエギ、そして浅はかながらも自分の持てる技術や知恵をすべて出し切り、祈りにも似た思いでキャストとシャクりを繰り返します。

しかし流れを一向に変えられぬまま時間だけが過ぎてゆき、寒冷前線の通過とともに訪れた強い横風がノーサイドのホイッスル。

私の2015庄内エギング、惨敗といっていい内容でその全てが終了です・・・。















帰りに訪れた某場所の鮮魚コーナー。

vWN714SaxBdEvS01445337874_1445337913.jpg

この時期の良型と言えるサイズが並んでいたのだが、g単価が高め。

鮮魚の価格は、単純な漁獲量のみではなく需要等に左右されがちなので一概には言えないものの、この価格を見ただけだと不漁の影響があるのかな?と、感じてしまいます。




今年度の山形県水産試験場の水温データ。

ay5ODJhEXYn5qWF1445347233_1445348356.png


水温がすべて、とは言いませんが、8月中旬以降は近年まれに見る水準で下降の一途。

特に写真の矢印の頃、アオリイカの新子が活発になり始める8月中旬~下旬、数とサイズのバランスが良い9月中旬~下旬頃にガクンと下がっています。

お盆以降の長雨、相次ぐダブル台風、それらが対馬海流に影響を及ぼすものだったのか、そうでないのか、そして今年のアオリイカの不調とも関係しているのか無関係なのか、私に真実はわかりません。

ただ一つ、

「いずれは庄内のアオリイカ釣りが、過去のものになってしまうのか」

そう感じてしまうほど、自身、そして聞こえてくる釣果は芳しくないものでした。


「来年は庄内アオリが良い年に、そしてこれからもずっと楽しめたらいいな」


今はただ、そう願うばかりです。

遠征ゆえ、タイミングが合わず3回だけとなってしまった2015庄内エギング。

ただ一つ良かったことは、今年も無事故で終えられたこと。

なんだかんだ言って、コイツが達成できればイイ年だった(^^♪ かな?(笑)
















釣りだけが楽しみじゃない庄内遠征。

食の都ならではの食材、そして酒。

GutaIua78yetrZK1445438596_1445438738.png

つきたて新米、庄内産つや姫。

これはヤバイ、塩かけるだけでおかわりイケます(笑)

酒は次回、もちろん地元のヒラメとともに(*^^)v 
と、なればよいのですがw

釣りも季節もいよいよ晩秋~初冬へ。

さー、みなさま! 共に満喫してまいりましょうヽ(^o^)丿

では、次回もよろしくお願いします(*^▽^*)








今年もありがとう!!
いや、まだ終わっちゃいないのか!?
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
気になるみちのくアオリの情報はこちらから!


応援よろしくお願いします!!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bleu1224.blog.fc2.com/tb.php/416-d2f2c506