FC2ブログ
みなさまこんにちは!!




いやー、暑いですねー(-_-;)




ところでみなさま、私と同じく魚はキープして晩酌のお共に、って方々。

zS0uQfYI7mSdpLh1444820028_1444820176.png


サーフで魚をキープする際、どうしてますか??


特にこの季節、なかなか難しいですよね。魚釣るのも(笑)





コメントをいただいた「ぴぐもん」さんをはじめ、これ、けっこう聞かれます。




単純に、魚を良い状態で保存することにおいて不可欠な3大要素は


・〆る

・血抜きする

・保冷する


これを1つでも欠いちゃうと、残念な結果になってしまいます。


今回は、特にこの季節最重要視されるっても過言じゃない
「保冷」
について






んじゃ、結論から言っちゃいます。













これです。
トロ箱wwΣ(゚Д゚)カッコワル

E2gbxg2QEobQdDd1470224628_1470224649.jpg


魚屋さん御用達、発泡スチロール製の魚箱です。


私はキープと決めたら即〆て、血抜きと水洗いを済ませたらここに入れます。


春夏秋冬、サーフではコイツを使ってます。


では、コイツを使う理由を簡単に述べますと・・・







①実質無料
(魚屋さん、スーパー等でけっこうもらえます。)



②軽い


③ボロになったら廃棄してすぐ交換できる


④保冷力と耐久性がなにげに強い

いじゃう。










☆ ①~③について


実質無料とありますが、買い物ついでにいただきます(笑)



内寸で横50㌢強程度、縦、深さ15~20センチ程度くらいがイイです。



この大きさなら、尾と頭を曲げれば、70くらいの魚まで入ります
(これに入らない魚が釣れたら、さっさとスキップで帰りましょう(笑))



私は魚の胴体ごと曲げたりするのが好きじゃないんで、キープする魚の大きさ、万一の事故(笑)に備えての大きさを考えると、こんくらいが一番肌に合ってます。





この大きさで専用のクーラーBOXだと、けっこうな重さ。




保冷材を入れたら、ランガンどころか、持ち込むことすらキツイ重さに・・・ι(´Д`υ)





そしてなにより、そのお値段、二万三万当たり前w






そんな高級品、いまや人だらけの広い砂浜に放置したら、置き引きが心配で釣りどころじゃないw 



万一持って行かれても、これなら大して痛くもない。




釣った魚が入ってたら、悔しいけどね。




あ、ビーチクリーンの人が来たら、ゴミと間違えられるかな?( ;∀;)









④について

これがキモ。

魚専用の発泡トロ箱って、厚手で気密性が高く頑丈=保冷力が強いものが多いんです。
(当然、高級専用クーラーBOXには劣ると思いますw)


輸送運搬に耐えうる保冷力、あるいは慌ただしい市場での荷捌きに耐えられる頑丈さを兼備した、言ってしまえば「魚のプロ」が要求し、作られた箱ですから侮れないんですよね、コレ。







発泡箱の中身はこんな感じ。


bea2qT2NdEWz8Ka1470224676_1470224717.jpg


新聞紙の間に、保冷材を入れます。


これで保冷材を長持ちさせると同時に、保冷材が直接魚に当たらないので、身が凍みることを防ぎます


参考までに、この時期、釣行前夜(23時頃)に完全に凍らせたLサイズハードタイプの保冷材(100均モノ)を3個突っ込んで車のトランクに入れ就寝、翌日4時~8時頃まで釣りをして、珍しく(笑)2本獲れてキープ。帰宅が9時。これでも保冷材は効果を発揮する程度に固まっており、魚はしっかりと保冷されています。
(ふたの開閉回数が多くなれば、それ以下になります)


保冷材の持ちが心配なら、魚を入れるまで氷点下保冷材を併用すると良いでしょう。


ただし、魚を入れたらそれは外してください。凍みます ((((;゚Д゚)))))))ヒャッコスギーー


水分補給のジュースも、コイツに入れとけば冷え冷えで美味し~(^^♪









釣れた魚を〆て、血抜き&水洗いを済ませたら、家庭ごみ大くらいの大きさの袋に突っ込んで、新聞紙を当てた保冷材のうえに置き、しっかりと蓋をします。


HPnOaCiwRMMBWjI1470224567_1470224611.jpg


さらに魚を入れたビニールの上に、簡易保冷バッグ的なスチロール製のシートや、新聞紙などを落し蓋代わりに使用すると、グンと保冷効果がアップします。




でも、これ持って歩くと両手ふさがることが悩みの種。


そして、裸で置いておくと・・・・・









こいつらの餌食になります。

HRb0qE0voOnojEz1411131583_1411132018.jpg

箱をつついて破壊、さらに賢い奴は、なんとこのふたを開けますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


しかし、あるお店が開店してからそれらの悩みが解消されましたo(^▽^)o
(とある人が使ってるの見て、「これは!」と思いましてね(笑))






IKEA
(´∀`*;)ゞ

wKuI2rkM8_yz9kq1470224744_1470224765.jpg


持ち帰り用買い物袋(大)IKEAさんに行けば、100円(だったような?)で売ってます。


たしか、この袋だけでも購入できます。


ごらんのとおり、さきに述べたサイズの発泡魚箱がスッポリ収納。


手提げ、肩掛けも可能で持ち運びもラックラク(^^♪


これまた、重い組み立て家具なんかを持ち帰ることを前提に作られてるから頑丈。


もう一年以上は使えてます。


さらに、手提げ部分を結ぶことで、厄介なカラスから魚を守ることが可能です。
(`∀´)カラスザマァァァァァ









ウェーダーとライジャケもすっぽり収納できるので、私は2枚持って使ってます。


Had03J6SlTwFbzK1470224793_1470224946.jpg


車~洗い場~干す場所まで、このまま楽に持ち運び。


ビニール製だから濡れても全く問題なしw


ウェーダーバッグだってウン千円しちゃいますから、コスパ抜群の袋です。


おかげさまでIKEAさんが開店して以来、サーフの釣行がグッと楽になりました(爆)







それでも、サーフでコレを持って歩くのは、正直かなり面倒なので、置き場所を決めてランガンし、離れた場所で釣れちゃって置いていた場所まで戻ることもあります。 
(そんなときはせいぜい半径100㍍くらいの距離なんですがね)





こんなんだから手返しも悪くなり、時合いを逃しちゃうこともあるかと思います。





見た目だって、決してイイもんじゃないと思ってます。





それでもコイツに拘る理由はただ一つ。


「自然の恩恵と命を頂戴することに精一杯の感謝を込め、良い状態で自身の命の源に変える」

そうすることが大自然への敬礼、そんな自負に尽きます。






・お金をあまりかけず


・持ち運びができて


・状態良く魚をキープ




いろいろやってみたけど、この条件を満たすコイツに落ち着きました。






おっと、ちょっと長くなっちゃったから続きは次回。



ここまで読んでくださった方、お付き合いありがとうございます。



ではみなさま、次回もよろしくおねがいします!







遊びつくせ、みちのくの夏!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
地域密着↑↑↑↑情報満載!
ワン・クリックで情報入手!!
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bleu1224.blog.fc2.com/tb.php/453-2d487a3c