みなさまこんにちは!

周知のとおり、県内サーフのマゴチの釣果がスゴイことに・・・Σ(・ω・ノ)ノ!


HqlibUqKLrsarxM1496042290_1496042348.jpg



早速bleuもあやかるべく行ってまいりましたが、噂通りにマゴチの絨毯ww



53DrfEJiPn7ep3y1496042366_1496042453.jpg


飽きない程度、いや、飽きちゃうくらいの釣れっぷりだわさ(笑)

その個体数が、ヒラメ<マゴチへと移りゆく県内のサーフ。

春⇒夏への移り変わり、そいつを実感してまいりました(^^♪






さて、俗に、フラットフィッシュとして一括りされているこの2魚種。


DV1xpoNNtFB7gTF1496042218_1496042233.jpg



生息域と定位している場所がほぼ同じ、加えて捕食しているベイトや、習性だってほぼほぼ同じ。

そこにどちらが潜んでいるのかは、水温によるところが一番影響していると思われます。



そんな二種類の魚を「釣り分ける」って、実際どうなんだろ?



レンジを変え、どちらを狙うか意識せよ、なーんつっても所詮は遠浅サーフ。

捕食レンジに、そうそう差があるとは思えないのが持論。


ゆえに、「釣り分け」ってのはちょーっと無理があるのかな、と。(ーー;)




まー持論結論を申し上げますと、手筈はどうであれ、どちらかを意識して、その意識した方を掛ければ、「釣り分けできた!」と言ってイーのかな?、と感じております。


そんな自身ですが、混在期に「ヒラメが欲しいなー」、って思う時は・・・・、

あ、年中そう思ってるんですがねΣ(゚Д゚)









ミノーを使う、コレに限ります(笑)

zHcoPVAo13RxLd61496042547_1496042598.jpg


今回もヒラメを導いてくれたのは、bleu軍不動のリードオフマン、FLYER140。

レンジか動きか、はたまた魚の習性か、ベイトパターンか・・。

なにはともあれ、過去の実績を見ても、理屈抜きにコレが一番手っ取り早いww








ミノーを使ってフラットフィッシュを狙う人は、ずいぶんと少なくなりました。


JqQb6jEB4d8GkbL1461140184_1461140197.jpg


条件や状況にもよりますが、特にどちらでもかまわなければ、ハッキリ言って底を取れるルアーのほうがバイト数、ヒット数は多くなると思います。


しかし自身の経験上、ミノーを引いてきた時のバイトは、ヒラメの期待値激高。
(あ、もちろんマゴチもシーバスも釣れますよ(笑))


そして何度でも提唱しますが、

「カニ」の期待値激低(これ一番大事 (´∀`σ)σ!)


飛ばない飛ばない言っても、そりゃー今どきの高比重の遠投系各種と比べるからでしてw


風もゆるく、ヒラメのプライムタイムとなりがちな朝マズメなら、高波でもない限り、普通にキャストすれば、射程圏には十分届くと思います。



「混在期でもヒラメが欲しい!」


そんな方はぜひ、少ないバイトを恐れず、風速、風向き、波高次第で、手返しよくミノーをキャストしてみましょう。

きっと、イイ結果が出てくれることかと思います。




ま、こんなこと謳っても、昨年はサーフのヒラメ釣果が年間0枚なbleuですが・・(-_-;)


お調子モンらしく、好調な時ぐらい語らせてくださいな(^^ゞ



ではみなさま、次回もよろしくお願いします!!






絶好調、砂のツートップ!
↓↓↓↓

にほんブログ村
サーフの情報↑↑↑↑もりもり満載!!
ワン・クリックで差が付く釣果🐟
応援よろしくお願いしますヽ(^o^)丿♪




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bleu1224.blog.fc2.com/tb.php/481-e463a3b7